経済産業省
文字サイズ変更
  • 経済産業省ホーム
  • 統計
  • 経済産業省の主な景気指標(概要)

経済産業省の主な景気指標

概要

経済産業省の主な景気指標(平成27年8月31日現在)

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報(平成27年7月分)
(平成27年8月31日発表)
前月比
(季節調整済)
前年同月比
    
 - 生産は一進一退 -

 7月の生産は、前月比▲0.6%の低下(季節調整済指数97.7)となった。
製造工業生産予測調査によると、8月は上昇、9月は低下を予測している。
総じてみれば、生産は一進一退で推移している。

生産
▲0.6%
出荷
▲0.3%
在庫
▲0.8%
在庫率
▲1.1%
生産
0.2%
出荷
▲0.7%
在庫
2.7%
在庫率
1.8%
発表元:大臣官房調査統計グループ 経済解析室
商業動態統計速報
(平成27年7月分)

(平成27年8月28日発表)
前月比
(季節調整済)
前年同月比

◎小売業の基調判断

-小売業販売は一部に弱さがみられるものの横ばい圏-   小売業の季節調整済指数は103.7で、前月比は1.2%%と2か月ぶりの上昇となった。後方3か月移動平均で前月比をみると、+0.8%と3か月連続の上昇となった。当月はほとんどの財において、消費税率引上げの影響が薄れていることに加えて、燃料小売業も前月比で4か月連続の上昇となっているものの、自動車小売業は、3か月連続で前月を下回っていること、加えてエアコン等の他の耐久消費財も引き続き需要が平年並みの水準まで回復している状況ではないものもあることから、小売業販売は、「一部に弱さがみられるものの横ばい圏」で推移。

(卸売業、小売業の前年同月比比較)

・卸売業は、鉱物・金属材料などの落ち込みにより減少。

・小売業は、飲食料品や織物・衣服・身の回り品などの伸びにより増加。

小売業
1.2%
卸売業
0.3%
小売業
1.6%
卸売業
▲0.4%
発表元:大臣官房調査統計グループ サービス動態統計室
第3次産業活動指数(平成27年6月分)
(平成27年8月12日発表)
前月比
(季節調整済)
前年同月比

 第3次産業活動指数は、99.0、前月比0.3%の上昇。
 業種別にみると、「情報通信業」、「金融業,保険業」、「医療,福祉」、「学術研究,専門・技術サービス業」、「不動産業,物品賃貸業」、「複合サービス事業」が上昇。
 「卸売業,小売業」、「その他サービス業(公務等を除く)」、「宿泊業,飲食サービス業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「生活関連サービス業,娯楽業」、「運輸業,郵便業」、「学習支援業」が低下。

0.3% 1.5%
発表元:大臣官房調査統計グループ 経済解析室
全産業活動指数(平成27年6月分)
(平成27年8月19日発表)
前月比
(季節調整済)
前年同月比

 全産業活動指数は、96.5、前月比0.3%の上昇。
 産業別にみると、第3次産業活動指数が前月比0.3%、鉱工業生産指数が同1.1%の上昇。公務等活動指数が同▲0.5%、建設業活動指数が同▲0.5%の低下。

0.3% 1.2%
発表元:大臣官房調査統計グループ 経済解析室
    
次回公表予定日
平成27年9月14日(月)13:30
鉱工業生産・出荷・在庫指数確報
(平成27年7月分)
平成27年9月14日(月)13:30
第3次産業活動指数
(平成27年7月分)
平成27年9月14日(月)13:30
商業動態統計確報
(平成27年7月分)
平成27年9月24日(木)13:30
全産業活動指数
(平成27年7月分)

最終更新日:2015.8.31
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.