経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年10-12月期の産業活動

個別ファイルへ飛びます

概要

経済解析室が公表している「全産業活動指数」、「鉱工業指数」、「鉱工業出荷内訳表」、「第3次産業活動指数」を用いて、平成28年10-12月期の企業活動をグラフ化した、ミニ経済分析『平成28年10-12月期の産業活動』を公表しました。

平成28年10-12月期の産業活動は、

  • 「全産業活動指数」は、鉱工業生産指数の持ち直しにより、前期比0.3%上昇と3四半期連続の上昇。
  • 「鉱工業生産指数」は、乗用車や電子部品の生産が好調で、前期比2.0%上昇と3四半期連続の上昇。「鉱工業在庫指数」は、前期比マイナス3.1%低下と3四半期連続の低下。在庫循環は「意図せざる在庫減局面」を前期からさらに進捗。
  • 「鉱工業出荷指数」は、国内向け、輸出向け共に勢いのある動きとなり、出荷全体では前期比3.3%上昇と3四半期連続の上昇。
  • 「第3次産業活動指数」は、前期比マイナス0.1%低下と4四半期ぶりの低下。ただし、その低下幅は小幅なものであり、横ばい圏の推移。業種別では、卸売業の前期比低下への寄与が最大。
  • 「第3次産業活動指数」のうち、対事業所/対個人サービスの推移をみると、ここ1、2年は対事業所サービスが全体を支えていたが、足下では対個人サービスのし好的個人向けサービスが「下げ止まり」から「上向き」へと変わる潮目のような動きとなった。
  • 「建設業活動指数」は、公共が大きく低下したため、前期比マイナス2.2%低下と、4四半期ぶりの低下。

となりました。

詳細な内容につきましては上記スライドショーを御覧いただくか、 こちらのダウンロード用ファイル(PDF版) PDFファイル を御覧下さい。

また、 経済解析室ニュース に、 概説解説記事 をアップしていますので、そちらもお目通しください。

最終更新日:2017年3月7日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.