経済産業省
文字サイズ変更

延長産業連関表 統計の概要

 可能な限り最新時点の産業構造を反映させた表を作成することで、直近の産業構造を踏まえた分析の用に供することを目的とし、その結果として、総務省をはじめとする10府省庁の共同作業による5年ごとの「産業連関表(基本表)」外部リンク を補完する役割をも果たしている。

ページ上部へ戻る

【統計開始年】
昭和48年(平成12~15年表は休止)
【統計の沿革】
 延長産業連関表(以下「延長表」という)は、昭和48年表から作成し、その後は毎年作成・公表していた。しかし、情報技術をはじめとした様々な変化により、産業構造が短期間で大きく変化するようになり、より早期の公表が望まれるようになったため、簡易延長産業連関表(以下「簡易表」という)を作表し、対象年次の約1年以内を目途に公表の早期化を図った。簡易表の作成は、7年基準の12年表から行っており、延長表は11年表をもって作成休止となった。
 しかしながら、エネルギー分析、価格分析や特定分野の分析などでより詳細な品目レベルでの分析が求められ、基本分類での産業連関表が切望された。これらの要望を踏まえ、延長表は16年表(12年基準)から作成を再開し、24年表から23年基準に改定し作成している。

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

 延長表の特徴は、以下のとおりである。

(1)本表は、総務省を始めとする10府省庁の共同事業による「平成23年(2011年)産業連関表」(以下「23年基本表」という)を延長推計したものである。

(2)延長表は、昭和48年延長表から作成を開始し、平成12~15年までの休止を経て、16年延長表から19年延長表までを平成12年基準で作成、24年延長表より平成23年基準に改定し作成している。

(3)概念・定義・範囲等は、「自家輸送(旅客及び貨物自動車)」部門の特掲を行わない、「社会資本減耗分」を取り扱わない、「調整項」を輸出項目として取り扱う点を除いては23年基本表と同一である。

(4)生産額をはじめとする各種項目の推計は、可能な限り23年基本表の推計方法に準拠している。

(5)消費税については、各取引額に消費税と含む「グロス表」形式であり、23年基本表に準拠している。

(6)取引額は競争輸入型で計上している。

(7)取引額表は、基本部門分類で推計を行い、基本部門分類で公表している。

(8)各取引額等を平成23年固定価格評価に評価替え(実質化)するためのデフレータも併せて基本部門分類で作成している。

ページ上部へ戻る

経済産業省ホームページ

ページ上部へ戻る

通商白書、中小企業白書など

最終更新日:2017.3.30
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.