鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数)
製造業の動きから見る日本の景気

 結果が更新されない場合は押してください。

結果の概要【2018年11月分】
(2018年12月28日発表)

生産は緩やかな持ち直し

  • 今月は、生産、出荷、在庫率は低下、在庫は上昇であった。
  • 製造工業生産予測調査によると、12月は上昇、1月は低下を予測している。
  • 総じてみれば、生産は緩やかに持ち直している。

当月の指数の解説

2018年11月の鉱工業生産は、前月比マイナス1.1%の低下と、再び前月比低下。出荷も前月比マイナス1.4%の低下。11月の基調判断は「緩やかな持ち直し」で据え置き。

解説へのリンク2018年11月の鉱工業生産は、季節調整済指数104.7、前月比-1.1%と2か月ぶりの前月比低下となりました。...(続きをみる)

生産・出荷・在庫動向

鉱工業指数、2015年=100
季節調整済指数 原指数
指数 前月比 指数 前年同月比
生産
(前月値)
104.7
(105.9)
-1.1
(2.9)
108.1
(109.4)
1.4
(4.2)
出荷
(前月値)
103.1
(104.6)
-1.4
(3.5)
106.0
(107.2)
0.7
(5.7)
在庫
(前月値)
101.5
(101.3)
0.2
(-1.3)
103.6
(102.2)
0.7
(-0.7)
在庫率
(前月値)
102.8
(104.7)
-1.8
(-0.5)
102.3
(103.1)
0.1
(-1.4)

生産

生産は、前月比-1.1%の低下。

低下業種
汎用・業務用機械工業、電気・情報通信機械工業、電子部品・デバイス工業等
上昇業種
生産用機械工業、化学工業(除.無機・有機化学工業・医薬品)、石油・石炭製品工業等

出荷

出荷は、前月比-1.4%の低下。

低下業種
汎用・業務用機械工業、自動車工業、電気・情報通信機械工業等
上昇業種
生産用機械工業、金属製品工業、その他工業

在庫

在庫は、前月比0.2%の上昇。

上昇業種
石油・石炭製品工業、自動車工業、化学工業(除.無機・有機化学工業・医薬品)等
低下業種
鉄鋼・非鉄金属工業、電子部品・デバイス工業、パルプ・紙・紙加工品工業等

製造工業生産予測調査

主要企業の生産計画を調査した製造工業生産予測調査によると、12月は前月比2.2%の上昇、1月は同-0.8%の低下。

12月の上昇業種
生産用機械工業、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業等
1月の低下業種
輸送機械工業、汎用・業務用機械工業、金属製品工業等
製造工業生産予測調査(生産計画から見る生産動向)
(季節調整済前月比(%))
2015年=100
2018年12月
見込み
2019年1月
見込み
2018年12月調査(今回) 2.2 -0.8
2018年11月調査(前回) 2.2

※ 製造工業生産予測調査は、2018年4月27日に2015年基準へ基準改定を行いました。基準改定の内容については、製造工業生産予測指数の改定概要PDFファイルをご覧ください。

※ 製造工業生産予測指数の結果に含まれる予測誤差について加工を行った、鉱工業生産指数の先行きを試算した結果PDFファイルも公表しています。

冊子、データダウンロード

生産・出荷・在庫・在庫率指数速報(概要冊子) PDFPDFファイルhtml
生産・出荷・在庫・在庫率指数の時系列表、業種別・財別指数、生産予測結果
鉱工業指数 参考図表集PDFファイル
状況(~期ぶり、~連続の上昇等)、各指数グラフ、業種別寄与度、在庫循環図等(図表集 スライドショーのページ
時系列データ等ダウンロード
年・年度・四半期・月次の各指数Excel・csvファイル(原指数・季節調整済指数)、採用品目数、ウエイト等
実数表PDFファイル
生産・出荷・在庫・在庫率の実数表
過去の結果概要
過去に公表した結果の概要、鉱工業指数冊子、参考図表集(速報ページには生産予測指数を、確報ページには能力・稼働率指数を掲載)

お問合せ先

  • 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
    電話:03-3501-1511(代表)(内線2853)、
    03-3501-1644(直通)
    FAX:03-3501-7775
    E-MAIL:qqcebc@meti.go.jpメールリンク

最終更新日:2018年12月28日