経済産業省
文字サイズ変更

利用上の注意、用語の解説

利用上の注意

提供しているExcelファイルについて

  • 年月の表記は以下のとおり。
月次
西暦4桁と月を2桁で表記。
例:2015年10月→201510、2016年1月→201601
四半期
西暦4桁と、第1四半期~第4四半期をQ1~Q4の2桁で表記。第1四半期は1~3月、第2四半期は4~6月、第3四半期は7~9月、第4四半期は10~12月。
例:2015年第3四半期→2015Q3
年(暦年)
西暦4桁とCYで表記。
例:2014年(1月~12月)→2014CY
年度
西暦4桁とFYで表記。
例:2014年度(2014年4月~2015年3月)→2014FY
  • 年月の左にPが表示されている場合は、速報値である。
  • 業種又は品目のデータを報告する対象が1又は2事業所等の場合、秘密保護のために「-」としている。
  • 業種又は品目で指数を作成していない場合、ブランクとしている。
  • 接続指数は、過去の各基準の指数を、接続係数により便宜的に現在の平成22年基準指数に接続したものである。

用語の解説


ウェイト(weight)
基準年における、ある特定の項目の全体に対する基準額の構成比。鉱工業指数では業種、財、品目ごとに生産付加価値額ウェイトや出荷額ウェイト等を計算している。
X-12-ARIMA
米センサス局が開発した季節調整法、センサス局法のモデルの一つ。曜日や祝祭日、うるう年による変動を調整することができる。
加重平均(かじゅうへいきん:weighted average)
個別品目指数にウェイトを乗じたものの総和を算出し、これをウェイトの総和で除すことによって、複数の品目を総合化すること。鉱工業指数で採用しているラスパイレス数量算式も加重平均を用いた算式である。
また、IT関連品目指数のような独自分類の指数については、品目別指数を加重平均することによって作成することも可能である。
例:小型乗用車指数(ウェイト211.2、1月指数値 84.8)、普通乗用車指数(ウェイト252.4、1月指数値131.5)から乗用車指数の1月値を作成する。
((小型乗用車指数値×小型乗用車ウェイト)+(普通乗用車指数値×普通乗用車ウェイト)) / (小型乗用車ウェイト+普通乗用車ウェイト)
乗用車指数 = ((84.8×211.2) + (131.5×252.4)) / (211.2+252.4) = 110.2
稼働率指数(かどうりつしすう:Index of Operating Ratio)
製造工業の設備の稼働状況を表すために、生産量と生産能力の比から求めた指数。能力を測定することが困難であることが多いため、稼働率指数の採用品目は生産指数よりも少なくなっている。
基準年(きじゅんねん:base year)
指数作成の際に基準(分母)となる年のこと。基準年が変われば基準となる値も変わるため、異なる基準の指数をそのまま比べることはできない。
基準改定(きじゅんかいてい:base year revision)
鉱工業指数はラスパイレス数量算式を採用しているため、基準年から離れるにしたがって品目間の相対価格の変化や採用品目の代表性の問題などから実際の生産活動と指数の動きにズレが生じることがある。そのため、5年毎(西暦末尾が0、5の年)に基準年を変更し、採用品目の見直し、ウェイトの算定や業種分類の見直しなどを行い、実際の生産動向に反映させている。
季節調整(きせつちょうせい:seasonal adjustment)
5月に大型連休で工場の操業日数が減って生産が減ったり、決算対策のために年度末に生産が増加するといったような季節的、社会制度による1年を周期として繰り返される変動を取り除くこと。これにより前月や前四半期との比較が可能になる。
季節調整済指数(きせつちょうせいずみしすう:seasonally adjusted index
原指数に季節調整を行った指数。
季節調整済指数 = 原指数 ÷ 季節指数(×季節、曜日・祝祭日・うるう年指数)
により算出される。動向をみる場合には前月比が主に使用される。
業種分類(ぎょうしゅぶんるい:classification by industry)
電気機械工業や輸送機械工業など、日本標準産業分類に準じた分類。鉱工業指数では利便性の観点から一部を組み替えており、独自の分類となっている。この他の分類として、財分類もある。
原指数(げんしすう:original index)
指数作成用データをそのまま指数化したもの。鉱工業指数も含め経済指数は季節的な変動を含む場合が多いため、原指数で動向をみる場合には前年同月比が主に使用される。
工業統計調査(こうぎょうとうけいちょうさ:Census of Manufactures)
日本標準産業分類の大分類「製造業」に属する事業所を対象とし、毎年12月31日現在で従業者数、品目別出荷額などの事項を調査する年次調査。鉱工業指数では、基準改定でウェイトを作成する際の基礎資料として使用している。経済産業省 大臣官房調査統計グループ 構造統計室所管。
鉱工業指数(こうこうぎょうしすう:Indices of Industrial Production)
経済産業省生産動態統計などをもとに、鉱業・製造工業の生産、出荷、在庫動向や、生産能力・稼働率、生産予測を表す指標として作成している。基準年の固定ウェイトで加重平均するラスパイレス数量算式を使用。基準の改定は5年毎に行っている。発表が早く、国内の生産活動を表す代表的な指標として用いられる。


在庫循環(ざいこじゅんかん:inventory cycle)
生産(又は出荷)と在庫の関連した動向から経済状況をみる手法。
  • 1.景気が上向いているときには企業は将来の需要増を見込み、在庫を積みます(在庫積み増し局面)
  • 2.その後、景気が山を迎え下降局面に入ると、企業の需要予測よりも実際の需要が下回ることになり、在庫がたまりはじめる(在庫積み上がり局面)
  • 3.本格的に景気が悪くなり、企業は積み上がった在庫を減らすために減産を行う(在庫調整局面)
  • 4.次第に景気が回復してくると、企業の需要予測を実際の需要が上回り、生産を増やしても在庫が減っていく(意図せざる在庫減局面)
  • 1’この後、景気が本格的に回復すると生産、出荷とも増加するため在庫の積み増しを始める。
以上の1→2→3→4→1’が、一連の動きが円を描くように推移することから在庫循環と呼ばれる。
在庫循環図(ざいこじゅんかんず:graph of inventory cycle)
原指数の生産(又は出荷)、在庫の前年同月比を縦軸と横軸に取りグラフで在庫循環を表す。
財分類(ざいぶんるい:classification by use of goods)
鉱工業指数を用途別に分類したもの。大きく最終需要財と生産財とに分かれ、さらに設備投資に向けられる資本財や、想定耐用年数が1年以上で家計で購入される耐久消費財などに分かれている。
指数(しすう:index)
同じ種類の統計数値の大小関係を比率の形にして表したもの。とくに経済分析のための指数を経済指数と呼ぶこともある。
指数採用品目(しすうさいようひんもく:commodity of IIP)
鉱工業指数を作成するために使用している品目のこと。生産動態統計の品目を中心に鉱工業の動向を代表する品目を選定(平成22年基準の生産指数では487品目)して指数を作成している。
時系列データ(じけいれつでーた:time-series data)
半年前-5か月前……2か月前-1か月前-今月といった連続した時点のデータのこと。
生産動態統計調査(せいさんどうたいとうけいちょうさ:Current Production Statistics Survey)
正式には「経済産業省生産動態統計調査」(基幹統計)のこと。製造業の各品目の中から指定した品目を生産している事業所を対象に、生産、出荷、在庫、生産能力等を調査、集計した統計。国内の各品目の生産動向の把握、数量・金額を使用した平均単価の算出など、様々な利用ができる。鉱工業指数作成の基礎データとしても利用されている。経済産業省大臣官房調査統計グループ 鉱工業動態統計室所管。
生産能力指数(せいさんのうりょくしすう:Index of Production Capacity)
製造工業の生産能力を、操業日数や設備、労働力に一定の基準を設け、これらの条件が標準的な状態で生産可能な最大生産量を能力として定義し、これを指数化したもの。
製造工業生産予測調査(せいぞうこうぎょうせいさんよそくちょうさ:Survey of Production Forecast)
企業の生産計画をもとに、今後の生産の先行きを予測しようとする調査。製造工業の主要195品目について、それぞれの主要企業から、生産数量の前月実績、当月見込み、翌月見込みについて 調査・集計し、指数化、公表している。経済産業省大臣官房調査統計グループ 経済解析室所管。
接続指数(せつぞくしすう:connected index)
通常、基準年の異なる鉱工業指数どうしを比べることはできないが、前基準と現基準とで公表する値の期間が一部重なることから、重なった期間の一部から接続係数を求め、前基準の指数に接続係数を乗じて指数水準を修正することによって比較できるようにした指数のこと。あくまで指数水準を修正しただけなので基準改定による品目の入れ替え等は考慮されておらず、長期間に渡る比較の際には注意が必要。また、前月比や前年比なども接続指数を用いて計算できるが、接続処理による誤差が生ずるため注意が必要。接続指数ではなく公表当時の前月比、前年比を使用する場合もある。
前月比(ぜんげつひ:percent change from previous month)
当月を前月と比較して求められる比率。調査統計グループでは1.3%増や0.5%減のように%変化率で表している。経済指数には季節的な要因が含まれるものが多く、そのままでは比較することができないため、季節調整を行って比較が可能にしてから前月比を求める。
前年同月比(ぜんねんどうげつひ:percent change from previous year)
当月と前年の同じ月を比較して求められる比率。調査統計グループでは1.3%増や0.5%減のように%変化率で表している。前年の同じ月と比べるため季節的な変動を考慮せず比べることができ、簡単に求められることから幅広く利用されており、原指数を用いて計算する。ただし前年同月の値に対する伸びのため、前年同月比どうしを比べる際には注意を要する。
総合化(そうごうか:aggregate)
品目指数値を加重平均し、品目の集合体である業種別指数値や鉱工業全体の指数値を求めること。


年間補正(ねんかんほせい:annual revision)
鉱工業指数で使用している生産動態統計調査では、毎月の公表後に判明した報告値の修正を、データが一年分そろった段階で過去に遡及して修正している。鉱工業指数でもその修正ともなって、その年の原指数を再作成し、更に再作成した原指数から季節指数を算出し、該当年の季節調整済指数を確定している。これらのデータ修正を年間補正と言っている。
パーセント(percent)
百分率。前月や前年同月等と比べてどのくらい伸びたかを、106%、あるいは+6%といったような形で表す際に使用される。
ラスパイレス算式(Laspeyres formula)
指数を作成するための算式の一つで、個別指数を基準時のウェイトで総合化を行う加重算術平均法。一度ウェイトを計算しておくと、月々の数量を得るだけで指数計算を行うことができる。 計算式は次のとおり。
ラスパイレス算式の数式
数式の項目説明
接続係数(せつぞくけいすう:Connection coefficient)
接続指数の作成時に使用する前基準と今基準の指数のデータ水準を補正する係数。季節調整済指数を使用して計算する。計算式は次のとおり。
接続係数計算式
最終更新日:2016年1月18日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.