経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

利用上の注意、用語の解説

利用上の注意

  • 製造工業生産予測指数は、調査対象企業の先行き2か月の生産計画を取りまとめたものであり、鉱工業指数の先行き2か月を直接把握する為のものではありません。
    なお、実際の鉱工業指数の動きをより適切に把握できるよう、製造工業生産予測指数がもつ傾向的な部分を修正した補正値を作成しておりますので、鉱工業指数の先行きについては補正値を御参照ください。
  • 提供しているExcelデータについて、ある調査月時点の生産実績はその前月の生産実績となります。鉱工業指数等他の指標とある月のデータを比較する場合、一月時点がずれます。
    例:平成30年1月から2月への鉱工業指数の伸びと製造工業生産予測指数の伸びとを比較したい場合 → 製造工業生産予測指数は、平成30年2月調査の前月実績と、平成30年3月調査の前月実績とで伸びを算出します

用語の解説

前月実績
毎月の調査時における、前月時に実際生産された量です。
例:平成30年4月調査における前月実績 → 平成30年3月に実際に生産された量
当月見込み
毎月の調査時における、当月の生産計画の量です。
例:平成30年4月調査における当月見込み → 平成30年4月初日時点における、4月の生産計画量
翌月見込み
毎月の調査時における、翌月の生産計画の量です。
例:平成30年4月調査における翌月見込み → 平成30年4月初日時点における、5月の生産計画量
実現率
毎月の調査時における前月実績が、前月の生産計画(当月見込み)と比べどの程度生産されたかを比率で表したものです。
例:平成30年4月調査における実現率 → 平成30年3月初日に計画されていた3月の生産計画が、実際にどの程度生産されたかを表す。例えば3月初日における車の3月の生産計画が1200台で、実際に3月末までに生産されたのが1000台であれば、実現率は1000÷1200で83.3%となります。
修正率
毎月の調査時における当月の生産計画(当月見込み)が、前月の生産計画(翌月見込み)と比べどの程度計画が修正されたかを比率で表したものです。
例:平成30年4月調査における修正率 → 平成30年3月初日に計画されていた4月の生産計画が、1か月後の4月初日時点でどの程度計画が修正されたかを表します。例えば3月初日における4月中の車の生産計画が1500台で、1か月後の4月初日で計画が1300台に修正されたのであれば、修正率は1300÷1500で86.7%となります。
補正値
企業から提出される生産計画は、実際の生産計画よりも高めとなることが多い傾向があり、そのまま集計しても鉱工業指数の先行きを計ることが難しい実態があります。そこで、こうした傾向的な部分を補正することで、より鉱工業指数の先行きを把握しやすくするために、予測指数の補正値を推計しています。
推計の手法については、ミニ経済分析「企業の生産計画は実績をどれくらい予見できているか-製造工業生産予測指数の上方バイアスを補正する試み-」をご覧ください。

推計方法

提出が間に合わなかった等の報告者については、当月の季節調整済指数の伸び率に影響を与えないよう、季節指数の伸びにより算出する推計により補完しています。

その他

最終更新日:2018年5月7日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.