経済産業省
文字サイズ変更
  • 経済産業省ホーム
  • 注目情報一覧
  • 北海道洞爺湖サミットにおける『ゼロエミッションハウス』展示について

北海道洞爺湖サミットにおける『ゼロエミッションハウス』展示について

平成20年6月17日

経済産業省は、エネルギー・環境技術を始めとした我が国の優れた技術を発信するため、北海道洞爺湖サミットにおいて、政府が主催する「環境ショーケース」の 一環として、国際メディアセンター(IMC)内の屋外駐車場に、太陽光発電、燃料電池、最先端ロボット等の先端技術を備えた近未来型住宅『ゼロエミッションハウス』(6月末完成予定)を設置し、外国報道関係者等に対して展示を行います。


1.7月7日~9日の間、北海道洞爺湖町において地球温暖化対策が主要な議題となる「北海道洞爺湖サミット」が開催され、サミット会場となるザ・ウィンザーホテルから約27km(車で約30分)のルスツリゾート内に「国際メディアセンター(IMC)」(約11,000m2)が建設されます。このIMC入口部分や屋外には、我が国の環境における取組の他、世界に誇る最先端の環境技術の展示・デモンストレーション(「環境ショーケース」)を行います。


2.この「環境ショーケース」の一環として、経済産業省は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)産業技術総合研究所との共催により、IMC屋外駐車場において、太陽光発電システム、高効率照明、ヒートポンプ給湯器、家庭用燃料電池システム、環境配慮建材、最先端ロボット、その他省エネ家電や蛍光灯型LED管等のグリーンIT等の最新技術を備え、耐震性・断熱性など日本の工業化住宅の優れた技術を駆使し、快適な暮らしを実現する近未来型住宅『ゼロエミッションハウス』(約280m2)を設置し、約4,000人が見込まれる内外報道関係者等に対して、エネルギー・環境技術を中心とした我が国の世界最高水準の技術についての展示をします。


3.また、(財)新エネルギー財団との共催により、燃料電池システム実機運転により、照明等の電力を一部賄うとともに、排熱を利用した足湯コーナーを設置します。


4.ゼロエミッションハウスの完成は、6月末を予定しております。


【ゼロエミッションハウス施設概要】

○所在地 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地(ルスツリゾート駐車場)


○完成日 6月末を予定


○施設面積 約280m2(住居側:約200m2、足湯コーナー側:約80m2


○展示機器等

  • 太陽光発電システム
  • 小型風力発電機
  • リチウムイオン蓄電装置
  • 高効率有機EL照明
  • 高効率ヒートポンプ給湯機
  • 家庭用燃料電池システム
  • 環境配慮建材(調湿建材、再生木質材料)
  • 高性能・高機能真空断熱材(家電、建材向け)
  • 光ダクトシステム
  • 省エネ型家電・情報機器・システム
  • 最先端ロボットの実演
  • 軽量鉄骨造の工業化住宅(制震構造・防汚塗装外壁採用)
  • 燃料電池システム実機運転による足湯コーナー
  • 電気自動車(スポーツカータイプ)等

○主催・共催について

主催:経済産業省

共催:(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)産業技術総合研究所、(財)新エネルギー財団

協力:加森観光(株)


ゼロエミッションハウスの外観

ハウス内の主な展示

(本発表資料のお問い合わせ先)

資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部

政策課長 河本 光明

担当者:三輪田、日野

電話: 03-3501-1511(内線4531)
03-3501-1728(直通)
 
最終更新日:2008年6月17日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.