1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症関連
  3. 事業再構築補助金に関するよくあるお問合せ

事業再構築補助金に関するよくあるお問合せ

Q1.事業概要を教えてほしい。

Q2.公募はいつから始まるのか。

Q3.公募期間はどのくらいか。

Q4.事業再構築補助金の申請に必要なGビズIDプライムはどのように取得するのか。

Q5.事業再構築指針や公募要領はいつ公表されるのか。

Q6.応募申請に際して、ピンク色のリーフレット(「企業の思い切った事業再構築を支援」)の「対象」に記載されている3点(①売上高の減少 ②認定支援機関等と事業計画を策定 ③付加価値額の増加)は全て満たす必要があるのか。

Q7.売上高減少要件の「コロナ以前」とはいつを想定しているのか。また、「任意の3か月」は連続していなければならないのか。

8.売上高の減少を証明する証憑として、どのような資料を提出すれば良いか。

Q9.認定支援機関とは何か。

Q10.認定経営革新等支援機関や金融機関はどのように関与する必要があるのか。

Q11.認定経営革新等支援機関への報酬は必要か。また、報酬は補助対象となるのか。

Q12.付加価値額の定義は何か。

Q13.「卒業枠」とは何か。

Q14.卒業枠又はグローバルV字回復枠に応募申請して不採択だった場合、通常枠で採択されることはあるか。

Q15.緊急事態宣言特別枠とは何か。

Q16.緊急事態宣言特別枠において、応募申請できる対象地域や対象業種は限定されているのか。

Q17.緊急事態宣言特別枠の申請と同時に、通常枠でも応募申請することができるのか。

Q18.小規模事業者や個人事業主も対象となるのか。

Q19.中堅企業の定義はあるのか。

Q20.「みなし大企業」要件を教えてほしい。

Q21.補助事業の実施期間(経費が補助対象となる期間)はどのくらいか。

Q22.補助金の支払はいつ頃か。

Q23.既に事業再構築を行って支出した費用は補助対象となるのか。

Q24.リース費用は対象になるのか。

Q25.車両の購入費は補助対象になるのか。

Q26.不動産も補助対象となるのか。

Q27.ものづくり補助金などの他の補助事業との併用は可能か。

Q28.採択審査はどのように実施されるのか。

Q29.2つの事業を新規に始める予定であるが、1回の応募申請で2件を同時に申請して良いのか。

Q30.民間事業者が、各地で本事業に関するセミナーや講演会を企画しているが、中小企業庁は関与しているのか。

Q31.GビズIDプライムをすでに取得しているが、本事業に申請するために、再度発行する必要があるのか。

Q32.「コロナ以前」が2019年又は2020年1~3月を指しているとのことだが、仮に2021年4月に申請し、任意の3か月として2021年1,2,3月を選択した場合、2019年1~3月または2020年1~3月のどちらと比較してもいいのか。

Q33.認定経営革新等支援機関や金融機関は、事業所の所在地域にある機関でなければならないのか。

Q34.通常枠では、補助額が100万円~6,000万円となっているが、事業再構築に必要となる経費が50万円の場合、申請することができないのか。

Q35.従業員数にパートやアルバイトも含まれるのか。

Q36.補助事業の実施期間よりも短期間で事業を終了してもよいのか。

Q37.事業再構築に取り組むにあたって、これまでの事業は必ず縮小又は撤退しなければならないのか。また、新規事業は必ず既存事業と関連した事業である必要があるのか。

Q38.フランチャイズ化も対象となるのか。対象となる場合、加盟料も補助対象経費に含まれるのか。

Q39.事業計画期間内に事業を継続できなくなった場合、補助金の返還が求められるのか。

お問合せ先

下記のWeb質問フォームで質問できます。
個別にお返事はできませんが、よくあるご質問について、Q&Aを作成・公表いたします。

今後、公募が開始されましたら、事務局のコールセンターを開設する予定です。

最終更新日:2021年3月1日