1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症関連
  3. 持続化給付金の不正受給者の認定及び公表について

持続化給付金の不正受給者の認定及び公表について

中小企業庁は、持続化給付金を不正に受給した者として、令和3年3月15日以降、1730者を認定するとともに、持続化給付金給付規程第10条第2項第2号の規定に基づき公表しました。
(2月2日時点、不正受給総額17億5482万6130円)

1730者のうち、1356者は、不正受給金額(総額13億7190万2600円)に加え、20%の加算金及び年率3%の延滞金の全額を国庫に納付済みです。

※中小企業庁から督促を受けるまでの間に、不正受給金額に加え、20%の加算金及び年率3%の延滞金の全額を納付しなかった不正受給認定者のみ、「不正受給認定者名」及び「所在地」を公表しています。

最終更新日:2023年2月3日