1. ホーム
  2. 災害関連情報
  3. ふくしまの今
  4. ふくしま×できること 福島から新たなイノベーションを生み出す

ふくしま×できること 福島から新たなイノベーションを生み出す


福島県浜通り地域では、新しい産業基盤を生み出す一大プロジェクトとして、「福島イノベーション・コースト構想(イノベ構想)」を進めています。
イノベ構想では、ロボット、廃炉、エネルギー、農林水産などの分野をターゲットにして、先進的な技術や多様な企業を呼び込み、新しいビジネスの創出を目指しています。
今回、浜通り地域に新たに進出した3つの企業から、進出のきっかけや地域との関わり、今後のビジネス展開への想いなどをお聞きしました。
福島から始まる未来へのチャレンジと、それに取り組む人々の想いを、ぜひご覧ください。
 

ミツフジ株式会社

ミツフジ株式会社は、2018年9⽉に川俣町に進出しました。
元々京都の⻄陣織⼯場として創業し、現在は、⽷に銀メッキを施した導電性繊維の開発・製造や、それを用いたウェアラブルIoT製品の開発・製造などを⾏っています。
最先端のウェアラブルIoT技術を活用して、生活や体の状態を医療機関と連携するシステムを開発し、町⺠の健康管理を⾏う実証事業を開始するなど、地元川俣町との⼆⼈三脚で、新しいビジネスの創出に取り組んでいます。
ミツフジ株式会社:https://www.mitsufuji.co.jp/
 
ふくしま×できること #ミツフジ 

福島エコクリート株式会社

福島エコクリート株式会社は、2016年3⽉に南相⾺市に設立されました。
浜通りの⽯炭⽕⼒発電所から出てくる⽯炭灰をリサイクルして土木資材を製造しており、その資材は道路等の復興⼯事などで活用されています。
福島エコクリート株式会社では、地元雇用を進め、“相双地区の人による、相双地区のための、相双地区の会社”を目指しています。
福島エコクリート株式会社: http://www.fukushima-ec.com/
 
ふくしま×できること #福島エコクリート
 

フォーアールエナジー株式会社

フォーアールエナジー株式会社は、2018年3⽉に浪江町に進出しました。
電気自動⾞などで使用されたリチウムイオンバッテリーの⼆次利用や、それらを用いた再生可能エネルギーの普及などを通じて、低炭素社会の実現に取り組んでいます。
浪江町とともに、電気自動車や再生可能エネルギーを活用した新しいまちづくりにチャレンジしています。
フォーアールエナジー株式会社:https://www.4r-energy.com/
 
ふくしま×できること #フォーアールエナジー
 

福島に興味を持った人へ

関連動画

福島の現状をお伝えする動画をご紹介します。

  • Fukushima Today -8 years after the Earthquake-
  • 震災から8年、ふくしまは今
  • 教育評論家meets FUKUSHIMA
  • 芸人meets FUKUSHIMA
  • ふくしま×できること ミツフジ
  • ふくしま×できること 福島エコクリート
  • ふくしま×できること フォーアールエナジー
  • ふくしま×できること 小高ワーカーズベース
  • ふくしま×できること あすびと福島
  • アイドルmeets FUKUSHIMA
  • ふくしま×できること 福島で働くとは?

お問合せ先

大臣官房福島復興推進グループ
電話:03-3501-2883(直通)
FAX:03-3580-6389

最終更新日:2019年4月2日