1. ホーム
  2. 災害関連情報
  3. ふくしまの今
  4. 芸人 meets FUKUSHIMA 相馬で見つけた、常磐ものの魅力

芸人 meets FUKUSHIMA 相馬で見つけた、常磐ものの魅力


福島県浜通り地域の12市町村を中心に、事業環境や生活環境をお伝えするため、レポーターと一緒に現地を訪問して映像化しました。

芸人 meets FUKUSHIMA

 
芸人 meets FUKUSHIMA(外部リンク)

福島県沖は、「常磐もの」と呼ばれる美味しい水産物が豊富に水揚げされる豊かな漁場です。
常磐ものの魚は、ツヤがあり肉厚。その鮮度と質の高さは全国にも知られています。

現在、福島県の沿岸漁業では、試験操業※が行われており、その日に水揚げしたすべての魚種を対象にスクリーニング検査を実施し、安全性を確認した上で出荷されています。
検査結果では、99パーセント以上の検体で放射性セシウムは不検出となっていますが、未だに漁獲量は震災前を大きく下回り、本格的な操業再開はまだこれからです。

今回、福島県出身の芸人の三瓶さんと、相馬市の松川浦漁港(原釜地区)を訪問しました。
三瓶さんとともに、常磐ものの美味しさや、地元の漁師さん、料理人の方々の熱い想いを、ぜひ感じてください。
きっとあなたも、福島の誇る美味しい「常磐もの」が食べたくなるはずです!

※試験操業とは、2011年に発生した東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故の直後、福島県沖の一部の魚から放射性物質が検出されたことを受け、福島県による放射性物質のモニタリング検査の結果、安全性が確認されている魚種に限定して、福島県の漁業再開に向けた基礎情報を得るために行われているものです。

【訪問場所】
松川浦漁港(原釜地区)(相馬市)
ワインビストロ コートドール(相馬市)
磯部加工組合直売店(相馬市)

福島に興味を持った人へ

関連動画

福島復興の現状をお伝えする動画をご紹介します。

  • Fukushima Today -8 years after the Earthquake-
  • 震災から8年、ふくしまは今
  • 教育評論家meets FUKUSHIMA
  • 芸人meets FUKUSHIMA
  • ふくしま×できること ミツフジ
  • ふくしま×できること 福島エコクリート
  • ふくしま×できること フォーアールエナジー
  • ふくしま×できること 小高ワーカーズベース
  • ふくしま×できること あすびと福島
  • アイドルmeets FUKUSHIMA
  • ふくしま×できること 福島で働くとは?

お問合せ先

大臣官房福島復興推進グループ
電話:03-3501-2883(直通)
FAX:03-3580-6389

最終更新日:2019年4月2日