1. ホーム
  2. 申請・お問合せ
  3. 調達・予算執行
  4. 採択結果
  5. 令和2年度補正産業保安高度化推進事業(防爆ドローンの要件に関するガイドラインや仕様設計等の調査)に係る公募(入札可能性調査)の結果について

令和2年度補正産業保安高度化推進事業(防爆ドローンの要件に関するガイドラインや仕様設計等の調査)に係る公募(入札可能性調査)の結果について

2020年7月14日
産業保安グループ
高圧ガス保安室

令和2年度補正産業保安高度化推進事業(防爆ドローンの要件に関するガイドラインや仕様設計等の調査)の受託者選定に当たって、 一般競争入札(又は企画競争)に付することの可能性について、公募(入札可能性調査)による調査を実施した。(調査期間:令和元年6月24日~7月14日)

上記の入札可能性調査の結果、実施可能事業者が1者しか存在しないことを確認した。

本事業の契約について

入札可能性調査の結果、本事業の受託者選定に当たって競争の余地がないことが確認されたため、本事業に必要な以下の事業実施条件を有する国立研究開発法人産業技術総合研究所(法人番号 7010005005425)との随意契約により実施することとする。

防爆ドローンの要件に関するガイドラインの策定

一般電気品としての防爆性能を満足した上で、飛行時に着火源とならないという防爆機器としての基本性能を維持できるか、落下時にメカニカルスパーク対策やプラント自体に被害を与えないか等、プラントで使用する防爆ドローンが満たすべき性能に関してのガイドラインや性能評価の基準のような指針を策定することができること。その際には、ドローンメーカーやプラント事業者、研究機関等の幅広い関係者の意見を聴取し、調整しながら指針を策定する能力を有すること。

防爆ドローンのユースケース整理と性能仕様の策定

国内石油精製、石油化学、一般化学業界等から、防爆ドローンのユースケースを精緻に聴取するために、過去に当該業界とのコミュニケーションを実施したことがあり、信頼されていること。
また、防爆ドローンの性能仕様として、ペイロードや飛行時間、速度、耐環境性といった項目を明示するために、防爆に関する機能と、ドローンに関する機能の双方の知見を有すること。

お問合せ先

産業保安グループ 保安課・高圧ガス保安室
担当:末吉
電話:03-3501-1706
FAX:03-3501-2357