2022年度 1weekインターンシップ

1.目的・対象

目的

政策の企画立案に関する実践的な経験を通じて、学生の皆様に、経済産業政策の実態や経済政策への理解を深めていただきます。

対象者

日本国籍を有する短期大学、高等専門学校、大学、大学院(以下、大学等という。)の学生。特別な知識や技術は必要ありません。
経済産業省の総合職・一般職の業務にご関心の学部生・大学院生の皆様であればどなたでも大歓迎です(学部1~4年生、修士1~2年生、博士1~3年生)。
また、経産省では多くの理系職員が専攻勉強・研究で培われる以下のスキル・知識を活かして国家公務員として活躍しており、理系の学生の皆さんも大歓迎です。
 ①理想の姿・本質的な課題を特定し、解決策を自ら企画・実行する力
 ②論理的に理解・思考・表現・コミュニケーションする力
 ③中長期的な経済・産業の姿に大きく影響する科学・技術に関する知識

 

2. 実施期間・募集人数・内容

期間

第1期 2022年 8月  1日(月)~8月  5日(金)
第2期 2022年 8月15日(月)~8月19日(金)
第3期 2022年 8月22日(月)~8月26日(金)

※各日の実習時間は9:30~18:15、5日間を予定。
※日程については、今後の状況を踏まえて変更になる可能性があります。
※実施形式(対面・オンライン)については、今後の状況を踏まえて決定致します。(対面の場合、経済産業省本省等で実施予定です。)

募集人数

各期 40~80名 程度

※書類審査により参加者を決定いたしますので、予めご了承ください。

内容

「世界と日本の課題に挑戦する」

 日本は先進国として、気候変動などの世界的な課題の解決にリーダーシップを発揮するとともに、少子高齢化など他の海外諸国が将来直面する課題の解決策を示すことが世界から期待されています。
 経済産業省は、「国富の拡大」を追求する官庁として、政策の企画・実行(国内外のルール・仕組み・インフラの整備、税・予算・投資など)を通じて、日本の経済・産業が世界と日本の課題解決により貢献できるようにすることで、世界の期待に応え、未来の日本を豊かにしていきます。
 インターンシップでは、経産省の「仕事」と「人」を知っていただくために、2つの政策立案体験プログラム(職員からのコンサルテーション付き)を通じて、政策立案をリアルに体験いただくとともに、若手職員との座談会も開催予定です。
 
 ・政策立案体験①(課題設定は自由)
  →世界と日本の現状を俯瞰的に捉えた上で、「理想の未来社会」を自ら定義し、実現に向けた課題を特定し、解決策(政策)を立案。
 ・政策立案体験②(課題は経産省が設定)
  →設定されたテーマ(グリーン成長戦略など)について、実際に企業などへのヒアリングをしつつ、課題を特定し、解決策(政策)を立案。
 
世界と日本の課題を解決したい方からのご応募をお待ちしております!
 
※内容については、今後変更する可能性がございます。
 

<参考:経済産業省が取り組んでいる政策の類型>
  ①産業・イノベーション政策
   (グローバル・ローカルな課題解決への日本の産業の貢献量を拡大していくための政策)
  ②通商・貿易政策
   (世界の国々と経済的な共存共栄関係を構築・強化していくための政策)
  ③資源・エネルギー政策 
   (産業・生活に不可欠な資源・エネルギーの生産・調達から消費までの仕組み・インフラを構築するための政策)

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、経済産業省1weekインターンシップでは、対面形式の際、以下の対策を実施予定です。

  1. 参加者同士の間隔を広めにとる。
  2. 定期的に会場の換気を行う。
  3. 入館時や会場等の出入口にアルコール消毒液を設置する。
 

3. 応募について  ※応募は終了しました。

実施要領

応募方法     ※5/30更新

応募に際しては、「調査票」の提出(下記提出フォームから)及び参加希望タームの登録(マイページから)が必要となります。以下をよくご確認ください。

 
  1. 「1weekインターンシップ調査票」Excelファイルに必要事項をご記入いただき、下記提出フォームより提出ください。
     ※提出形式はExcel形式でお願いいたします。

    ・ファイル名:【●●●●(氏名フルネーム)】1weekインターンシップ調査票
    ・提出用フォーム:https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/honsyo02/1weekintern
    ・提 出 締 切:  【6月30日(木)12:00 ※受信有効・締切厳守】

    ※調査票の選択部分については、不要な選択肢を消して記入ください。(例:「平成・令和」の選択肢のうち、「平成」を選択したい場合は、「令和」を削除)
     

  2. 経済産業省マイページ内の応募フォームから、参加希望タームを登録ください。【6月30日(木)12:00  ※受信有効・締切厳守】
    経済産業省マイページにご登録がお済みでない方におかれましては、下記リンクからご登録いただきますよう、お願いいたします。
    署名済みの誓約書と、インターンシップ保険の加入証明書を開始日当日にお持ちください。

  3. 2022年度より、応募は学生個人からの直接応募といたします(所属大学等によるとりまとめ不要)。実習参加に当たっては、学生の所属大学等における当該学生の推薦可否の確認および、所属大学等と経済産業省との間で覚書Wordファイルを交わす等の手続きを予定しておりますので、あらかじめご認識おきください。
 

経産省 MY PAGE

 

書類審査について

書類審査により参加者を決定いたします。選考の結果、実習候補生となった学生については、当該学生が所属する大学等の窓口の皆様に、7月下旬頃、通知いたします。
大学による推薦可否のご連絡があり次第、実習生となる学生の皆様にも当省から通知いたします。
なお、必要に応じて面接やお電話でのご質問をさせていただくことがあります。審査の過程及び結果に関するお問合せは、一切応じられませんので、何卒ご了承ください。


 

4. 覚書の締結、誓約書の提出、保険の加入

覚書の締結

インターンシップの実施に先立ち、実習生の所属大学と経済産業省(秘書課長)との間で覚書Wordファイルの取り交わしを行います。海外の大学等に在籍する学生の皆様については、学生個人と取り交わしを行います。

誓約書の提出

実習生には実習開始前に服務規律の遵守にかかる誓約書PDFファイルを実習初日に提出いただきます。

保険の加入

実習生には「学生教育研究災害傷害保険」及び「インターンシップ等賠償責任保険」(これに準ずる保険も含む)に加入し、実習中における事故等により実習生が負った傷害、経済産業省や第三者に与えた損害等に対する補償に備えていただきます。加入確認のため、実習初日に加入証明書をご提出いただきます。

その他

 

2022年度経済産業省1weekインターンシップ 参加申込関係書類一覧

お問合せ先

 

大臣官房秘書課 インターンシップ担当
電話:03-3501-0085
E-MAIL:internship@meti.go.jpメールリンク

最終更新日:2022年7月1日