経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

選考採用情報

 経済産業省のミッションは、国民一人ひとりにとって、より豊かな社会を実現するため、政策を立案、実行し、経済・社会システムをデザインすることです。その実現のため、自動車産業や映画・ゲーム等コンテンツ産業の推進から働き方改革や人づくり革命まで、TPP等の経済連携から地方創成や中小企業の活性化まで、そして、資源外交や再生可能エネルギーの推進等、様々なことにチャレンジします。
 経済産業省では、
  ①こうしたミッションに共感し、
  ②これまでに培ってきた経験や専門性を活かし、こうした課題の解決に貢献していきたい
という方の御応募をお待ちしています。
 

募集官職

①係長級
〇必要な専門的知識・技術を活用して、担当業務に関して問題把握や課題対応を行う業務。関係者に分かりやすい説明を行う能力、計画的かつ確実に業務を遂行する能力、上司や部下と協力的な関係を構築する能力などが求められます。
〇応募資格:大学を卒業後7年以上、短期大学及び高等専門学校を卒業後10年以上、高等学校を卒業後12年以上の職務経験を有する方。

②課長補佐級
〇組織や上司の方針に基づいて、政策の企画・立案の中核を担う業務。適切な判断力、論理的な説明力、関係者との調整力、計画的・効率的な業務遂行力、チームのマネジメント力などが求められます。
〇応募資格:大学を卒業後7年以上の職務経験を有する方。

*経済産業省のミッションや、官職毎の業務イメージは以下パンフレット(新卒向け)も御参照ください。
 ・総合職パンフレット
 ・一般職パンフレット
 ・女性用パンフレット
 

待遇・福利厚生

○給与:給与は、一般職の職員の給与に関する法律に基づき支給されます。給与額は学歴、経験年数等を勘案して算定します。
①係長級
職務経験年数が応募資格(大卒7年以上、短大及び高専卒10年以上、高卒12年以上)の下限である者の月給:274,680円

②課長補佐級
職務経験年数が応募資格(大卒7年以上)の下限である者の月給:345,600円
※地域手当込み。
※別途諸手当を支給。
※職務経験年数に応じて上記から加算。

○昇級・賞与:昇給/年1回、賞与/期末手当、勤勉手当(ボーナス)

○諸手当:
・扶養手当・・・子月額10,000円等
・住居手当・・・月額最高27,000円
・通勤手当・・・運賃等相当額(1箇月あたり最高55,000円)等
・期末手当、勤勉手当・・・1年間に俸給等の4.4月分

○休日・休暇
【休日】
・完全週休2日制(土・日)
・祝日

【休暇】
・年次休暇20日(4/1採用の場合初年度15日)
・病気休暇
・特別休暇(夏季・出産・忌引・ボランティアなど)
・介護休暇
・育児休業 など

○福利厚生 
・公務員宿舎(独身、世帯用)
・レクリエーション施設(テニスコート、グラウンド等)
・診療所(本省)
・健康診断
・検診事業
・共済制度
(医療給付、育英資金や住宅資金の貸付事業、宿泊施設、年金事業等)
 

スケジュール

選考スケジュールは、係長級、課長補佐級で同様です。

第1回
※受付は終了しました。
受験申込受付期間
※申込みはメールにて受け付けます。その際、第1次選考(経歴、論文)書類を添付してください。
 10 月 15 日(月)~ 12 月 14 日(金)12 時
第1次選考(経歴、論文)通過者発表日 12 月 26 日(水)
第2次選考日(面接) 1 月 15 日(火)~ 1 月 18 日(金)
最終合格発表日(内定日) 1 月 28 日(月)(予定)

 第2回
※受付は終了しました。
受験申込受付期間
1月 15 日(火)~3月 22 日(金)12 時
第1次選考(経歴、論文)通過者発表日 4月3日(水)
第2次選考(面接) 4月 15 日(月)~4月 19 日(金)
最終合格発表(内定日) 4月 26 日(金)(予定)
※平成31年度の募集につきましては、後日掲載いたします。
 

応募書類・受験案内

応募書類は、係長級及び課長補佐級で共通で、下記の様式1と様式2の2種類となります。詳細な応募資格や選考方法等については、受験案内をご覧ください。

(1)応募書類
 ・様式1(Word形式)
 ・様式2(Word形式)
 ※11/5更新。それぞれのファイルの冒頭にて、ご希望の官職の全てにチェックマークをお入れください。
 
(2)受験案内
 ①係長級 受験案内(PDF形式)
 ②課長補佐級 受験案内(PDF形式)

(3)応募方法 ※第2回から応募方法を変更しました。
 応募フォームにて、
 ① 履歴書及び職務経歴書(様式1)
 ② 小論文(様式2)
 をアップロードの上、必要事項を記載し、ご登録ください。

 応募フォームはこちら↓
 https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/honsyo02/senkosaiyo_2

よくあるご質問

Q.応募の年齢制限はあるのか。
A.年齢制限はございません。ただし、現在の定年は原則60歳ですのでご留意ください。
 
Q.補佐級及び係長級の両方に応募することはできるか。その場合、片方だけに応募したほうが受かりやすいなどの差異はあるか。
A.両方に応募することは可能です。それぞれ別に評価されるため、両方に申し込む場合と片方だけ申し込む場合の受かりやすさに差異はありません。
 
Q.大学院での修学年数は、職務経験に加算できるのか。
A.大学院を修了している場合、課長補佐及び係長として大学卒業後に必要な職務経験年数に、大学院での修学年数を加算することができます。
※加算できるのは正規の修学年数のみですので、留年期間は加算できません。
 
Q.以前勤めていた会社の倒産等で、勤務証明書が取得できない場合はどうしたらよいか。
A. 勤務証明書は、以下の書類にて代用可能です。
(1)被保険者記録照会回答票(年金事務所)
(2)雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票(職業安定所)
 
そのほか、勤務形態(正社員か、派遣社員等)や週に何日勤務しているか(週3日以上か、週2日以下)等が確認できる書類をご提出ください。確認できない場合は、個別にお話をお伺いさせていただきます。
 
Q.進学する前に職歴がある場合は、職務経験に加算できるか。
A.可能です。ただし、二つ以上の職歴の期間が重複している場合は、いずれかの期間のみしか加算できないため、個別にご照会ください。
 

お問合せ先

大臣官房 秘書課
採用担当:立石、浅海、清田 
住所:〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-1608
E-MAIL :meti_senko@meti.go.jpメールリンク
 
最終更新日:2019年1月15日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.