経済産業省
文字サイズ変更
なるほどケミカル・ワンダータウン
タウンマップへ戻る タウンマップの使い方
化学の探検に出かけよう! コンビニエンスストア 食品添加物って「安全」なの?
1. 食品添加物とは何だろう? 2. 食品添加物は食生活を支えてる?!
3.食品添加物って「安全」なの?  
復習してみよう!クイズのコーナー みんなの感想
お母さんの言葉
お母さん
食品添加物って本当に安全なのかしら?
3人の言葉
とっくー、友くん、もえ
食品添加物は実験などをくりかえして安全性を確かめているんだよ!!
どうやって安全を確かめているの?
鮫島助手の言葉 食品添加物が、実際に安全かどうかネズミなどの人間と同じほ乳類を使って実験しています。その実験は様々なものがあります。
もえの言葉 くりかえし食べ続けても大丈夫か調べるよ。
  • 28日間くりかえし食べさせる
  • 90日間くりかえし食べさせる
  • 1年間以上の長い期間食べさせる
とっくーの言葉 親子二世代にわたってあたえてみて、子どもを増やしたり、赤ちゃんが育つのに影響(えいきょう)がないか調べたり、一生あたえて発ガン性がないか調べるよ。アレルギーがおきないかどうかも調べるよ。
ともの言葉 このように、健康への害がないかをたくさん実験して、安全かということを確かめ、国が使っても良いと認めたものだけを使うことができます。
鮫島助手の言葉 国が食品添加物を認定するために次のような条件があります。
  • 安全であること
  • 消費者に利点があること
  • 同じ目的の添加物と比べて同じかよりよい効果があること
  • できた製品を化学分析(かがくぶんせき)したりして、その物質が使われているかどうかを調べられること
さらに使ってよい量も決められています

動物実験を通して、「動物に対して害がない」と確かめた量の100分の1を、ヒトが毎日食べ続けても安全な量としています。でも、添加物を使うときに守らなければならない基準が法律に基づいて決められていて、実際に食べている添加物の量は、この量よりずっと少ない量になっています。

ともの言葉 食品添加物は実験をして科学的に安全性が認められたものだけが使われているんだね。
鮫島助手の言葉 そう、安全なものだけが使われているの。でも、どんなものでも常に100%安全で、どんなにたくさん食べても絶対大丈夫というものはないのよ。そこで、これまでに使用が認められている食品添加物でも最新の科学的な情報を基に安全性の見直しや、食べられている量の調査が行われています。
まとめ

現在使用されている食品添加物は、きちんと検査されたうえで、安全性を確かめたものです。

人間にとって、なくてはならない塩もとりすぎると、病気になってしまいます。バランスのよい食事をすることは栄養面だけでなく、安全の面でも重要です。そこで、自分が食べるものはどんなものが入っているかきちんと確認し、理解した上で買うことが大切なのではないでしょうか?

それが「化学物質を管理することへの第一歩」と言えるでしょう。

前のページへ ページトップへ 次のページへ
サイトマップへ htmlバージョンコンビニエンスストアトップへ
サイトマップへ HTMLバージョントップページへ 店頭へ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.