経済産業省
文字サイズ変更
なるほどケミカル・ワンダータウン
タウンマップへ戻る タウンマップの使い方へ
自家製マヨネーズをつくろう トップへ戻る
用意するもの:酢 大さじ2はい、食用油 1カップ、塩、こしょう、卵黄 1こ、ボウル、泡立て器
1.ボウルに卵黄1こと塩、こしょうを入れて泡立て器でよくまぜる。 2.ボールの中身がクリーム状になったら、酢を加えて、泡立て器でまぜる。
3.食用油を少しずつ加えながら、よくかきまぜる。まざってくるともったりしてきます。 4.味を整えてできあがり!
自家製マヨネーズで野菜をおいしく食べよう。
博士のワンポイント

酢と油がまざったのはなぜ?
水と油をまぜようとしてもまざらないよね。同じように、酢と油もまざらない。酢と油でできているドレッシングはよくふると、まざっているように見えるけれど、しばらくすると、酢と油に分離(ぶんり)するね。

ところが、マヨネーズにすると酢と油は分離しない。これは、卵黄にふくまれるレシチンという物質が油の表面にまくをつくって、酢とまざりやすくなるようにしているからなんだよ。このようなはたらきを「乳化」というよ。レシチンのように水と油をまざりやすくする働きをするものを「乳化剤」または「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」と言うんだよ。これは洗剤がよごれを落とすしくみと同じだよ。洗剤のコーナーも読んでみよう。

前のページへ ページトップへ
サイトマップへ Flashバージョン実験室トップへ
サイトマップへ Falshバージョントップページへ トップへ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.