経済産業省
文字サイズ変更
なるほどケミカル・ワンダータウン
タウンマップへ戻る タウンマップの使い方へ
化学の探検に出かけよう! 自動車のショールーム 自動車って何でできてる?
1.自動車って何でできてる? 2. 自動車が動くしくみ
3. 環境にやさしい自動車  
復習してみよう!クイズのコーナー (保護者・先生方へ)自動車と環境問題

自動車の部品を細かく分けると、2万から3万個にもなります。自動車がどんな化学物質でできているか見てみましょう。

全体図

●ボディ ●バンパー

鉄でできていますが、さびないように塗料(とりょう)がぬられています。塗料をとかしたり、かわかしたりするために薬品が使われます。

車がぶつかっても車体に傷がつかないように、形づくりやすい 軽いプラスチックでできています。

●タイヤ ●ねじ ボルト

昔は天然ゴムを使っていましたが、現在は人工的につくった合成ゴムでできています。

鉄などが使われます。

●窓 ●ダッシュボード
 

ガラスでできています。

 

プラスチックでできています。

●シート・フロアマット ●エアコン

シートクッションはやわらかいポリウレタンでできています。カバーは、化学繊維でできています。
フロアマットは合成ゴムか化学繊維でできています。

本体はプラスチックでできています。古いものには冷媒にフロンが使われていました。

●エンジン ●ガソリン

鉄、アルミニウムなどでできています。

原油から取り出した何種類もの化学物質がまぜあわさったものです。燃えやすい性質があります。

そのほか、車を洗う洗剤やワックスなども人工的な化学物質です。

前のページへ ページトップへ 次のページへ
サイトマップへ Flashバージョン自動車のショールームトップへ
サイトマップへ Flashバージョントップページへ 店頭へ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.