経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

産業技術メールマガジン/産業技術NEWS 第52号

めるまが登録

◆産業技術NEWS 2019年11月28日 第52号

   読者の皆様へ
    いつも産業技術メルマガをご愛読いただき、ありがとうございます。
  今回のNEWSは、産総研、NEDO、NITEおよびモノづくり日本会議が主催する、「国際標準推進と出口戦略シンポジウム」の
 『海洋プラスチックごみ汚染をはじめとする地球環境問題への解決に期待される国際標準』についてご案内します。
  また、METIジャーナルの10月・11月の政策特集で、「ひろがる標準化の世界」を連載しています。下記URLからご覧ください。
 ○国際標準推進と出口戦略シンポジウム
  【開催日時】2019年12月5日(木)13:00~17:20 ※受付開始12:30
  【開催場所】イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
  【定  員】500名(参加無料)
  【プログラム】https://www.cho-monodzukuri.jp/event/show/id/j3wejj35af
  【参加申込み】https://www.nikkansc.co.jp/secure/deguchi2019/prg/form.cgi

○METIジャーナル 10月・11月政策特集、「ひろがる標準化の世界」。
 https://meti-journal.jp/policy/201910/
標準化は、製品の品質・性能、安全性確保などから、今ではその対象がサービスや社会システムなどに広がり、新たな市場を獲得するうえで企業戦略としての重要性も増しています。
この政策特集では、標準化を武器にグローバル市場に挑む企業の取組など、最新動向を紹介し、ひろがる標準化の世界に迫っています。
<掲載内容>
 ◇ルールメークにどう挑む 産業構造の変化が変革迫る
 ◇誕生から25年 QRコード開発者が語る規格化の軌跡
 ◇サービスロボットや保冷宅配便 世界展開の原動力に
 ◇再生医療の産業化 カギは関係者束ねる「共通言語」
 ◇日本のごみ収集車が国際規格になる日
 ◇ヒット商品の裏に規格化あり
 ◇標準化のキーマンが語る「ルールメーク」の最前線
 ◇「つながる社会」が対応迫る
 ◇スマートホームにみる 「つながる」時代の規格開発
 ◇鉄鋼の省エネ技術 普及を支える性能評価の「ものさし」
 ◇IoT時代の安全概念「Safety2.0」の世界観
 ◇リチウムイオン電池にみるルールメークの未来

産業技術NEWSについて

発行:経済産業省産業技術環境局総務課
〒100-8901東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-1511(代表)

お問合せ先

本ぺージに対するご意見、ご質問は、産業技術環境局 総務課 執筆/担当:新川元康、松本智佐子
電話:03-3501-1773 FAX:03-3501-7908までお寄せ下さい。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.