1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. エネルギー・環境
  5. IPCCウェビナー開催のご案内 『第6次評価報告書 WG3報告書 第6章「エネルギーシステム」を読み解く』

IPCCウェビナー開催のご案内 『第6次評価報告書 WG3報告書 第6章「エネルギーシステム」を読み解く』

気候変動に関する科学的知見を提供する役割を担う「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、今年4月に、気候変動の緩和に関する最新レポートとして、第6次評価報告書(AR6)第3作業部会(WG3)報告書を公表しました。
経済産業省は、5月19日に「IPCCシンポジウム」を開催して、このAR6 WG3報告書全体の概要について講演と議論を行いましたが、今回はその続編と致しまして、この報告書本編の中から「エネルギーシステム」の章(第6章)を取り上げて、この報告書の理解をさらに深めて、2050年ネットゼロ排出に向けたエネルギーシステムのあり方について議論することを目的に、「IPCCウェビナー」を開催します。
今回のウェビナーでは、本報告書の「エネルギーシステム」章の主執筆者である和田謙一氏(公益財団法人 地球環境産業技術研究機構)から、本章の内容について分かり易く解説を頂いた後、エネルギー分野の有識者の方々にも入って頂いてパネルディスカッションを行います。
IPCCの第6次評価報告書 WG3報告書について、特にエネルギーシステム分野における緩和(排出削減)策についてご関心をお持ちの多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 

1. 日程等

日時

2022年10月13日(木)15時~16時30分
 

開催形式

Zoomウェビナー

主催・共催

主催: 経済産業省
共催: 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)
 

申込締切

2022年10月7日(金)
 

参加費

無料
 

2.プログラム

講演

「IPCC AR6 WGIIIの概要: エネルギーシステムのこれから」(仮題)
 和田謙一 AR6 WG3 第6章 主執筆者、公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 グループ主任研究員)
 

パネルディスカッション

モデレータ:
有馬 純(東京大学 公共政策大学院 教授)

パネリスト:
和田謙一(公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 システム研究 グループ主任研究員)
山下ゆかり(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 常務理事 計量分析ユニット担任)
松尾雄司(立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 准教授)

3. 参加申し込み

RITEホームページよりお申込み下さい。
参加費は無料ですが、定員になり次第締め切らせて頂きますので予めご了承ください
 

お問合せ先

産業技術環境局地球環境対策室 地球環境問題交渉官 木村 
担当者:須摩、髙谷、大石
電話:03-3501-1511(内線3524)
03-3501-7830(直通)
03-3501-7697(FAX)

最終更新日:2022年9月26日