経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

経済産業省・TCFD共催シンポジウム

日時

2019年2月13日(水)13:00-17:00(閉会後に懇談会を行います)
※12:30受付開始

 

場所

Bloomberg L.P. 東京オフィス(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 21F)
 

概要

近年の異常気象などを背景に、気候変動対策の重要性についての認識は世界的に高まっており、2017年6月には中長期的な気候変動が企業経営にどのような影響を与えるかを把握するための企業情報の開示の在り方について書かれた、TCFD提言が公表されました。TCFDに賛同表明する企業等は増加の一途を辿っており、今後も世界的に大きなトレンドになっていくことが予測されます。
※TCFD:Taskforce on Climate-related Financial Disclosuresの略。詳細はこちら

こうした背景の下で、企業と投資家が中長期的な企業価値の向上のために対話を進めていくに際してのTCFD の意義につき議論を深めるため、2月12日・13日の二日間にわたり金融庁・経済産業省が連携してTCFDに関するシンポジウムを行います。
2月13日開催の本シンポジウムでは、経済産業省とTCFDが共催となり、金融機関と産業界双方の視点から、TCFDやシナリオ分析について議論を深めます。
※2月12日 金融庁・JPX共催イベントの詳細と申し込みについてはこちら

2月13日開催の本シンポジウムの概要は下記をご参照ください。
 

シンポジウムスケジュール

※日英同時通訳付きとなっております。
13:00~13:10     開会挨拶   経済産業省 飯田産業技術環境局長
13:10~13:30     基調講演①  Curtis Ravenel, TCFD Secretariat
13:30~13:50     基調講演②  水野 弘道 年金積立金管理運用独立行政法人 理事兼CIO
13:50~14:05     プレゼンテーション①:TCFDガイダンスについて  伊藤 邦雄 一橋大学大学院経営管理研究科 特任教授
14:05~14:20     プレゼンテーション②:投資家との対話の重要性    池田 賢志 金融庁国際室長
14:20~14:35     プレゼンテーション③:シナリオ分析について     黒崎 美穂 ブルームバーグNEF 日本・韓国市場分析部門長
休憩
14:50~16:40     パネルディスカッション:TCFDを用いた事業者と投資家の対話  モデレーター 伊藤邦雄
パネリスト Curtis Ravenel
         手塚 宏之(JFEスチール株式会社 技術企画部理事 地球環境グループリーダー)
         村田 弘一(住友化学株式会社 理事 レスポンシブルケア部 部長)
               近江 静子(アムンディ・ジャパン ヴァイスプレジデント 運用本部 ESGリサーチ部長)
               藤村 武宏(TCFDメンバー(三菱商事 サステナビリティ推進部長))
16:40~16:50     プレゼンテーション:TCFDの見通しについて  Curtis Ravenel
16:50~16:55     閉会挨拶  ブルームバーグ L.P. 在日代表 石橋 邦裕
※閉会後、登壇者を交えた懇親会を予定しておりますので、お時間に余裕がございます方は是非ご参加ください。
 

申込方法

お申込みを希望の方は、2月5日(火)17時までに「申し込み」ボタンをクリックの上、必要事項を記入してご登録ください。
なお、席に限りがあるため、希望者多数の場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめ御了承ください。抽選の有無に関わらず、ご参加可否につきまして2月7日(木)中にメールにて御連絡いたします。 申し込み
また、本申し込みは2月13日経済産業省・TCFD主催シンポジウムのみを受け付けております。前日の金融庁・JPX主催シンポジウムについては、専用HPより別途お申込みください(こちら)。こちらのイベントは先着順となりますので、あらかじめご了承ください。
 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.