取組概要

山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター(INOEL)は、有機EL、有機トランジスタ、有機太陽電池、フレキシブル基盤技術、インクジェット、次世代電池の6領域において、「産業化に向けた基盤技術及び革新技術の開発」、「ビジネスとリンクした実用研究で世界をリード」、「新たな産業・事業の創出に貢献すること」を目標として活動を行っています。
INOELの特長は、①実用化を目指した「ニーズファースト型」応用研究、②企業での研究開発・事業化経験を有した教員(プレイングディレクター)集積、③民間企業との多数の共同研究、コンソーシアム運営、④ドイツ企業・機関等との多対多の連携、⑤山形大学オープンイノベーション推進本部、山形大学ROEL、FROM等の研究センターとの連携などであり、1200m2のクリーンルームを備え、企業が実用化を検討する上で必要な試作や評価を行い、多数の研究開発成果を上げています。

山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター01

山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター 公式サイト

https://inoel.yz.yamagata-u.ac.jp/

本ページの掲載情報は、各拠点の作成によるものです。
個別のお問い合わせは、各拠点に直接ご連絡いただきますようお願いいたします。