1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. ものづくり/情報/流通・サービス
  5. 情報化・情報産業
  6. 改元に伴う企業等の情報システム改修等への対応
  7. 改元に伴う情報システムの改修等を進めていく上でよくご質問いただく事項について

改元に伴う情報システムの改修等を進めていく上でよくご質問いただく事項について

問0.改元日の5月1日までにシステム改修が間に合わない可能性がある場合、どうしたらよいか?

問1.5月1日の改元日以後、平成表記の日付の文書(例:平成31年6月1日)は有効なのか?

問2.平成表記の電子文書は、改元日以後、国の電子申請システムで、いつまで受け付けてもらえるのか?

問3.5月1日の改元日までの間、5月1日以後の日付について、新元号による表記を用いてはいけないのか?

問4.令和初年については、「元年」と表記しなくてはいけないのか?令和1年と表記された文書は有効なのか?

問5.2019 年や2019 年度といった1年間の期間を表記する場合については、元号を用いて表記する際、
         平成31年(度)とすべきか、令和元年(度)とすべきか?また、会計年度が9月から始まる企業などでは、
         どのように考えればよいか。

問6.新元号「令和」は、アルファベットでは、どのように表記したらよいか。

問7.日付及び時刻の表記についての規格であるJIS X 0301 では、元号による日付の表記形式を定めており、
         平成までについては、元号の記号を定めているが、今後、令和についてはどのような扱いとなるのか?

問8.新元号に用いられる文字である「令」については、Unicode でU+4EE4 とU+F9A8A の2つの
         コードがあるが、どちらを用いるべきか?

問9.新元号で用いられる文字である「令」については、字形として「令」と「令」があるが、どちらを用いる
   べきか?

最終更新日:2019年4月12日