1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. エネルギー・環境
  5. リサイクル
  6. 3R政策
  7. 令和2年度 資源有効利用促進法施行状況調査における副産物発生状況等の調査について

令和2年度 資源有効利用促進法施行状況調査における副産物発生状況等の調査について

1.調査の概要

 「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」は、事業者に対して廃棄物の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)といった、3Rの取組を推進しております。
 本調査では、今後の循環経済への移行を見据え、3R政策の方向性を検討するため、各産業界から発生する副産物(産業廃棄物・有価発生物)の発生状況・割合等の状況を整理し、資源効率性の向上に資する施策を検討するための基礎情報としてまとめることを目的としております。

2.調査の対象

 本調査では、調査対象となる業種及び企業の方に、調査の依頼をさせて頂いております。調査への回答を依頼された場合に、ご回答ください。

3.調査実施期間

 令和2年10月15日(木曜日)~令和2年12月15日(火曜日)

4.調査票

 本調査に必要な電子調査票を以下に掲載しております。ファイルをダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、指定された提出先へご提出下さい。
 

お問合せ先

<調査の内容、実施スケジュール等に関するお問い合わせ>
(株)三菱総合研究所
サステナビリティ本部 環境イノベーショングループ
Tel : 03(6858)3684(土、日、祝日を除く、AM10:00~PM5:00)
Mail : shigen2020@mri.co.jp
 

<調査票の記入方法、使用方法等に関するお問い合わせ>
(株)RJC リサーチ
令和2年度「資源有効利用促進法施行状況調査における副産物発生状況等調査」事務局
Tel : 03(6409)6294(土、日、祝日を除く、AM10:00~PM5:00)
Mail : fukusan2020@rjc.co.jp
 

最終更新日:2020年10月20日