経済産業省
文字サイズ変更
3R政策
調査資料
希少性資源の3Rシステム化に資する技術動向調査(2006.3)
調査の概要
  我が国は、活発な産業活動と豊かな生活を支えている鉄、銅、アルミなどの金属資源やエネルギーの大部分を輸入に依存している。このような資源の中で近年、我が国の基幹産業である自動車、家電製品、電子・情報機器産業、素材産業等において、クロム、コバルト、モリブデン、タングステンなどの希少性資源が注目されているが、アジア諸国の経済発展等によりその供給リスクが高まっている。
  このような背景のもと本調査では、自動車、電子・情報関連製品等における希少性資源の需要動向を調べるとともに、希少性資源の3Rシステム構築に資する回収技術動向を把握し、技術的な課題やリサイクルに係る問題点等について分析を行った。
<目 次>
ご覧になりたい資料の章の番号をクリックしてください。
※資料は全てPDF形式
目     次 頁数
0 表紙・目次・調査結果の概要 5
1 希少性資源の需要動向 58
2 製品別の希少性資源の利用状況 45
3 希少性資源のリユース、リサイクル 37
4 希少性資源の回収における課題 3
最終更新日:2006.05.22
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.
TOP サイトマップ 関連サイト English