経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

鉱山保安マネジメントシステムに関する調査事業について

鉱山保安マネジメントシステムに関する調査報告

鉱山保安法は、平成16年の改正において国の関与(規制)を最小限のものとし、保安確保に当たって民間の自主性を主体とするとの考え方から、リスクマネジメントの手法を法体系の中に導入しました。具体的には、鉱業権者に対し、保安上の危険の把握(現況調査の実施)とその結果に応じた対策措置の立案・実施・見直し(保安規程への反映)を義務付け、現場の実態にあったPDCAサイクルが定着し、鉱山において「鉱山保安マネジメントシステム」として機能することを目指しています。
本調査では、鉱山保安マネジメントシステムの導入状況や課題について調査した結果をまとめています。

平成30年度調査事業

平成29年度調査事業

平成28年度調査事業

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.