経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

石油・天然ガス開発に係る保安上の措置

石油・天然ガス開発に係る保安上の措置の検討

 石油・天然ガスの海洋掘採施設は、世界中で撤去、更新が行われていますが、我が国の沖合での資源開発は歴史が浅いことから、沖合における海洋掘採施設の撤去作業に係る海洋環境影響評価を実施し、鉱害防止のガイドライン策定のための調査を実施しました。
 また、将来の国産クリーンエネルギー源として期待されているメタンハイドレートについて、在来型の石油・天然ガスの生産技術をベースとしつつ、新たな技術を適用することが必要である。このような新技術の適用に当たっては、鉱山の保安の確保のため、危害・鉱害の防止の観点から、メタンハイドレートの特性と賦存状態を踏まえた的確な保安措置を講じることが不可欠である。そのため、メタンハイドレート開発において講じるべき鉱山保安法上の保安措置について検討を行いました。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.