経済産業省
文字サイズ変更

チェックシートについて

生産性向上のためのサービス産業向けチェックシート

なんだかお客さまが増えない。ムダが減らない。
会社やお店の経営や業務の状態をよくしたい。

でも…
何から取り組んだらよいかがわからない。
取り組み方ややり方がわからない。
やっていることが正しいのかどうかわからない。

そんな悩みを解決するために。

「生産性向上のためのチェックシート」が、
問題点とその解決の仕方を明らかにします!

売上増やコストダウンにつながる改善手法のご紹介

会社やお店の経営や業務を考え、常に工夫と努力に取り組まれていると思います。
売上を増やすためにはどうすればいいのか。コストダウンの可能性はないか。
そういったことを考えることは、実は生産性を向上させることを考えることになります。

「生産性」と聞くと、メーカーの話で、うちの会社やお店、すなわち
サービス産業には関係ない、と思っていませんか?
生産性向上は、みなさんの経営にも効果の出る取り組みです!

生産性向上とは?

経営は、ヒト・モノ・カネを使って売上や顧客満足度の向上をめざし、達成し続けることが目標となります。

産出・投入図

生産性とは、ヒト・モノ・カネといった経営資源をどれだけ使っているか=「投入」に対するお客さまの数や顧客満足度がどれくらいか=「産出」の割合です。

つまり、生産性向上とは、「産出」につながらない「投入」を減らしたり(=効率化への取り組み)、産出を増やすことのできる(できそうな)活動に取り組む(=付加価値向上への取り組み)ことを意味します。

このことを意識して取り組むことで、会社やお店の経営や業務の状態が変わり、めざすべき目標にぐっと近づくことができます。

生産性を向上させるための「考え方」と「代表的な手法」をわかりやすく改善マニュアルにまとめました。

生産性向上手法マニュアル

生産性を向上させる取り組み ~3つのアプローチ~

生産性を向上させるために、次の3つをチェックシートを用いて明確にします。

「目的と改善したいポイント」を明確にする

まず、「何のために生産性向上に取り組むのか?」という目的と、「このままだとどうなるのか?」という未来予想と、「改善したいポイント」「チェックシート其の1」で明確にしてください。

「改善したいポイント」とは、例えば、

  • ・自社の特徴として、もっと接客要員・接客時間を増やしたい
  • ・新しいサービスで新規顧客を増やしたい

といったことになります。

生産性向上に取り組むにあたって、ここで明確にした目的と改善したいポイントを常に意識することがとても重要になります。

「現状の問題」を明確にし、「方向性」を決める

次に、1の目的と改善したいポイントを踏まえ「現状の問題」が何なのか、どこにあるのか、と、めざす目的にたどり着くための方向性「チェックシート其の2」で明確にしてください。

「新サービスの開発に取り組むことですぐに解決可能な問題」もあれば、「まずは現状の業務のやり方を改善して人員の余裕をつくらなければ、新しいサービスには取り組めないという問題」もあると思います。

現状の問題を解決するには何が足りないのか、を大小洗い出して、目的に合わせた方向性を決めることが重要になります。

「取り組みの内容」を明確にする⇒「改善開始」

そして、「チェックシート其の3」で、「問題解決のための適切な取り組みテーマを選択」してください。
テーマが定まったら「改善開始」です。例えば、以下のような展開になります。

(例)

・問題
不要なものが多くて作業の邪魔になったり、必要なものを探すのに時間がかかっている
・取り組みテーマ
「5Sによるムダ・ミス削減」⇒「改善開始」!

1~3のチェックシートに従って、6つのSTEPを考えるだけで生産性が上がる取り組みが何かはっきりします!!

生産性向上の取り組み方 WEBで簡単チェック
  • 監修:経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課
  • 制作:株式会社 日本能率協会コンサルティング
 
 
最終更新日:2011年03月01日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.