経済産業省
文字サイズ変更

改善マニュアルについて

改善マニュアルを活用した生産性向上の取り組み目的・概要・手法

取り組み目的

改善マニュアルの取り組み目的と自社の取り組み目的があっているか、今一度確認してください。

取り組み概要

「取り組みの概要」で全体感を押さえてください。
「解決が期待される問題」で、自社の問題解決に合致しているか、今一度確認してください。
全社員への取り組み案内の時には、各改善マニュアルのP.3、P.4に記載している「1.取り組み目的」と「2.取り組み概要」を使って説明してください。

取り組み手順と手法・ツール

最初のページで大まかな進め方をつかんでください。
それ以降は、取り組みの進め方が詳細に記載してあります。
特に、改善マニュアルには、「絶対やるべきこと」と「時間がない場合の代替方法」などがあります。
ただし、手順や実施内容を簡略化した場合は、成果も十分に期待できなくなることがあります。
自社の状況を考慮しながら、取り組む内容について検討してみてください。

「5つの化」の考え方について

改善マニュアルを活用した生産性向上の取り組み方ガイド

改善マニュアルを活用すれば、より効果的に改善活動に取り組むことができます。取り組みにあたっては、以下のことを参考にしてください。

Point1 推進担当部門・担当責任者を決める

改善を中心となって進める部門や責任者を決めてください。
テーマにもよりますが、総務部や営業・販促企画部といった企画・管理部門や改善の中心となる部門(人材育成であれば教育部門など)が考えられます。

Point2 改善関係部門の責任者・担当者を決める

改善に関わる全部門の責任者・担当者を決めてください。責任者が中心に取り組みや進捗確認をしていくことになります。

Point3 経営幹部・改善推進責任者・改善関係部門責任者で進め方を決める

経営幹部・改善推進責任者・改善関係部門責任者で、以下の打合せをしてください。

  • 改善マニュアルの内容や改善実践事例を読み込む
  • 進め方を検討する
  • スケジュールに落とし込む

Point4 全社員に取り組み目的と取り組み内容を説明する

会議、社内報、メール等を使って、社長メッセージとして取り組み目的と取り組み内容を発信してください。

Point5 わからないことがあれば相談する

必要に応じて、コンサルタントの活用なども検討してみてください。ご相談は、メールにて、お問い合わせください。 JMAC(日本能率協会コンサルティング)の担当からご連絡いたします。

メールアドレス:service_jmac@jmac.co.jp

※コンサルタントの利用は、内容によっては有料となります。

マニュアル一覧はこちらから
 
 
最終更新日:2011年03月01日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.