日・ASEAN包括的経済連携 (AJCEP) 協定

 ASEAN全体とのEPAである日・ASEAN包括的経済連携(AJCEP)は、2005年4月より交渉を開始し、2008年に各国持ち回りで署名を経て、同年より国内手続を完了した国との間で順次発効しました。
 同協定の発効後、サービス貿易・投資のルールの交渉が開始され、2019年4月までに全ての締約国が、それらのルールを追加する第一改正議定書に署名。既に複数の国が発効のための国内手続を完了し、2020年8月1日に日本、ラオス、ミャンマー、シンガポール、タイ及びベトナムの間で発効。残る国は国内手続完了後に、順次発効となります。
 ASEANは依然として我が国との貿易・投資関係が最も深く重要な地域であり、日本とASEAN双方の経済活性化促進の観点から、サービス貿易や投資のルールの規律が追加されることで、AJCEPはさらに重要性を増します。

お問合せ先

通商政策局 経済連携課
電話:03-3501-1595(内線2981)

最終更新日:2020年11月20日