1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度2月一覧
  5. 「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」の公募を開始します

「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」の公募を開始します

2019年2月1日

2019年6月に茨城県つくば市において「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」が開催されます。経済産業省ではG20が中心となり持続可能かつ包摂的な成長に貢献する貿易・投資を推進していくために、これにふさわしい国際ビジネス事例を、大臣会合に向けたプロセスの中で紹介することで、当該ビジネスを応援し、他の企業も追随するような機運を高めるとともに、各国の政策策定の参考とすることを目的として国際ビジネス事例集を作成する予定にしています。
このための国際ビジネス事例の公募を、本日2月1日(金曜日)より開始します。

1.事業概要

持続可能かつ包摂的な成長に貢献する貿易・投資を推進していくために、それにふさわしいビジネスの実現が必要であり、政府も当該ビジネスを応援していくことが求められます。
経済産業省は、前述の趣旨に合致し世界各国の事業者や政府の参考となるようなビジネス事例を集め、共有すべくG20参加各国に呼びかけており、日本の事業者による国際ビジネス事例については公募することとなりました。

2.「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」の公募について

(1)「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」について

募集対象は、企業規模に関わらず持続可能かつ包摂的な成長に貢献するビジネスを実施し成果を上げており、日本法人(または日本法人の現地子会社)がおこなう下記の4項目を満たす事業です。

  1. 海外で実施している事業であること。
  2. 収益をあげている(見込める)将来性のある事業であること。
  3. 事業を行う地域に対して社会性なインパクトを与える事業であること。
  4. 既存の方法とは異なるアプローチによる事業であること。

積極的な応募をお待ちしております。

(2)応募方法

「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」ホームページにアクセスいただき、応募要領に沿って、応募書類を作成してください。
「アイ・シー・ネット」ホームページ外部リンク

(3)応募期間

2019年2月1日(金曜日)~2月28日(木曜日)23時59分【日本時間】まで

(4)選考方法

応募された企業から、外部有識者からなる選定委員会において選考し、決定します。

(5)事務局及びお問合せ先

アイ・シー・ネット株式会社 「持続可能かつ包摂的な成長に貢献する国際ビジネス事例」事務局
担当:山中
電話:048-600-2512
メール: meti_g20@icnet.co.jpメールリンク
受付時間:平日10時00分~17時30分(土曜日・日曜日・祝日を除く)

(6)今後のスケジュール(予定)

担当

通商政策局 東アジア経済統合推進室長 折山
担当者:社本、小林(直)、福島
電話:03-3501-1511(内線 2971~2974)
03-3501-1990(直通)