1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度2月一覧
  5. 日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成31年2月分)

日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成31年2月分)

自動車騒音測定方法、システムの利用品質測定、案内図記号などのJISを制定・改正

2019年2月20日

JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性などを定めた国家規格です。JISは、社会的環境の変化に対応して、制定・改正されています。社会的に関心の高い重要な制定や改正を月に1度紹介しています。

1.今回のJIS規格制定・改正内容

今回は、31件の制定及び68件の改正を行いました(資料1)。中でも、以下のJISの制定・改正は特に重要です。

停止時・低速走行時の自動車騒音測定方法のJIS制定
これまで、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)などの電動車の場合、低速走行時などに発する音量が小さいため、停止車両の存在や車両の接近に歩行者が気付きにくいことが課題となっていました。この対策として車両の停止時や時速20キロメートル以下の低速走行時に、電動車が発する音の大きさを一定以上にすることが、国内外で義務づけられています。国内の関係者が、電動車が発する音の測定方法を正確に理解して、より正しく測定を実施するために、停止時・低速走行時の電動車が
発する音量の測定方法をJIS D1048として制定しました。このJISにより、電動車が停止時・低速走行時に発生する音の正しい評価が可能となり、歩行者にとって安全な電動車の開発が期待されます。

システムやソフトウェア製品の利用時の品質を測定するためのJISを制定
PCやスマートフォン、IoT機器の普及に伴い、これらの利用者にとっては、その機器に内蔵されるソフトウェアが信頼のおけるものかどうかが重要になってきます。JIS規格において、これまでソフトウェアの利用時の品質を客観的に測る評価モデルは存在していましたが、具体的な測定量や測定方法は規定されていなかったため、この度、国際規格ISO/IEC25022に対応する形でJISを制定しました。このJISにしたがった品質測定が広まることで、日本国内で信頼性の高いソフトウェア製品が供給されることが期待できます。

(参考)SQuaRE(ISO/IEC 25000シリーズ)における品質モデル
 
(出典)『つながる世界のソフトウェア品質ガイド』(2015年3月独立行政法人情報処理推進機構)より

案内用図記号のJIS改正
案内用図記号(ピクトグラム)は、言葉によらない、目で見るだけで案内を可能とするものです。日本人だけでなく外国人観光客にもよりわかりやすい案内用図記号とするため、JIS Z8210(案内用図記号)に「洋風便器」「和風便器」「温水洗浄便座」の3つの案内用図記号を追加しました。今回の改正により、公共施設等でもJISによる案内用図記号が活用され、多くの人にとってより分かりやすい案内表示が行われることが期待されます。

2.JIS(日本工業規格)とは

JIS(Japanese Industrial Standards)とは、鉱工業品の品質の改善、性能・安全性の向上、生産効率の増進等のため、工業標準化法に基づき制定される我が国の国家規格です。

JISは、製品の種類・寸法や品質・性能、安全性、それらを確認する試験方法や、要求される規格値などを定めており、生産者、使用者・消費者が安心して品質が良い製品を入手できるようにするために用いられています。

経済産業省では、技術の進歩や、安全性の向上等、必要に応じて、JISを制定・改正しています。

JISについて、詳しくお知りになりたい場合は、下記のサイトをご覧ください。
日本工業標準調査会HP外部リンク
経済産業省HP「標準化・認証」

JISの閲覧は、こちら外部リンクより検索ください。

3.過去のニュースリリース(主要なJISの制定・改正の紹介)

経済産業省HP「主要なJISの制定・改正の紹介」外部リンク

4. 工業標準化法の一部改正

平成30年第196会通常国会において、「不正競争防止法等の一部を改正する法律」(法律第33号)が可決成立し、工業標準化法が一部改正され、標準化の対象にデータ、サービスを追加し、法律名を“産業標準化法”に改め、“日本工業規格(JIS)”が“日本産業規格(JIS)”に変わります。
詳しくお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

5.各規格のお問い合わせ先について

公示された各規格の詳細について、お問い合わせになる場合は、資料1に記載された担当課に直接お問い合わせください。

担当