1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度3月一覧
  5. 商業動態統計調査における統計調査員による不正処理について

商業動態統計調査における統計調査員による不正処理について

2019年3月5日

経済産業省は、大阪府から、商業動態統計調査(※)の平成30年8月分調査から12月分調査において、大阪府の統計調査員が不正処理を行った旨の報告を受けました。
経済産業省では、大阪府に対し、再発防止策の策定・報告を指示するとともに、全都道府県の統計主管課室長に対し、本事案を周知し、統計調査事務の適切な実施を改めて指導します。
なお、当該調査員が行った不正による影響は軽微であり、公表済みの統計数値の修正は必要ありません。

※商業動態統計調査について
我が国における商業を営む事業所及び企業の事業活動を明らかにするため、経済産業省が毎月実施する統計調査。主な調査項目は、商品販売額、月末従業者数等。調査事務の一部を都道府県に委任。

1.事案の概要

大阪府から、統計関係業務が適正に処理されているか調査を行った際、商業動態統計調査の平成30年8月分調査から12月分調査において、大阪府の統計調査員1名が、調査対象16事業所分の調査票について不正処理を行っていたことが判明したとの報告が、3月4日にありました。なお、この16事業所以外にも1件の事業所で不正の有無を確認中と報告されています。
当該調査員は、事業所に確認せずに商品販売額、月末従業者数を自ら調査票に記入して大阪府に提出していました。

2.経済産業省としての対応

経済産業省は、大阪府に対し、他の不正事案がないか徹底的な事実確認と再発防止策の策定・報告を指示するとともに、全都道府県統計主管課室長に対し、本事案を周知し、統計調査の信頼回復のため、実施状況の確認、適正な調査実施体制の確保等を改めて指導します。

なお、当該調査員が行った不正による影響は軽微であり、公表済みの統計数値の修正は必要ありません。

担当

大臣官房 調査統計グループ サービス動態統計室長 間中
担当者:渡辺、鈴木
電話:03-3501-1511(内線 2893、2898)
03-3501-1092(直通)