1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度3月一覧
  5. FIT制度における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました

FIT制度における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました

2019年3月22日

資源エネルギー庁

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました。

1.2019年度以降の買取価格

○調達価格等算定委員会の「平成31年度以降の調達価格等に関する意見」を尊重し、以下のとおり決定しました。

1.太陽光発電

(1)住宅用太陽光発電(10kW未満)
既に2019年度の買取価格は決定済。2020年度の取扱いは決定しない。

(2)事業用太陽光発電(10kW以上500kW未満)
2019年度の買取価格を決定する。

(3)事業用太陽光(500kW以上)
2019年度の買取価格は、入札により決定する。

2.風力発電

(1)陸上風力発電
既に2020年度の買取価格は決定済。2021年度の取扱いは決定しない。

(2)洋上風力
既に着床式は2019年度、浮体式は2020年度までの買取価格は決定済。
これ以降の取扱いは決定しない。

3.地熱発電

既に2020年度の買取価格は決定済。2021年度は全区分で調達価格を据え置く。

4.中小水力発電

既に2020年度の買取価格は決定済。2021年度は全区分で調達価格を据え置く。

5.バイオマス発電

(1)一般木材等バイオマス発電・バイオマス液体燃料
一般木材等バイオマス発電(10,000kW未満)については、2019年度の買取価格を決定する。一般木材等バイオマス発電(10,000kW以上)及びバイオマス液体燃料(全規模)の2019年度の買取価格は、入札により決定する。

(2)その他の区分
既に2020年度の買取価格は決定済。2021年度は調達価格を据え置く。

2.2019年度の賦課金単価

○1.の買取価格を踏まえて算定した結果、2019年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.95円と決定しました。目安として一ヶ月の電力使用量が260kWhの需要家モデルの負担額を見ると年額9,204円、月額767円となります。
○なお、2019年度の賦課金単価は、2019年5月検針分の電気料金から2020年4月検針分の電気料金まで適用されます。

担当

資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギー課長 山崎
担当:梶、山王、小松、鳥居
電話:03-3501-1511(内線 4551~6)
03-3501-4031(直通)