1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度3月一覧
  5. トラック、バスの新しい燃費基準を策定しました

トラック、バスの新しい燃費基準を策定しました

~2025年度を目標年度とする重量車の新しい燃費基準を策定~

2019年3月29日

本日、「乗用自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成25年経済産業省・国土交通省告示第2号)」等を改正し公布・施行しました。これらの告示は、2025年度を目標年度とする重量車(車両総重量3.5トン超のトラック・バス等)の新たな燃費基準を定めるものです。
新たな燃費基準は、現行の2015年度燃費基準と比較して、トラック等は約13.4%の基準強化、バスは約14.3%の基準強化となります。

1.背景

重量車の燃費については、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)」に基づき設定された2015年度燃費基準を全社が達成していますが、エネルギー政策の観点から、より一層の燃費改善が必要となっています。
このため、経済産業省及び国土交通省が設置した燃費基準に関する有識者会議(注1)において、重量車の新しい燃費基準について審議が行われ、2017年12月に2025年度を目標年度とする燃費基準がとりまとめられました。
このとりまとめを踏まえ、「乗用自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成25年経済産業省・国土交通省告示第2号)」及び「貨物自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成27年経済産業省・国土交通省告示第1号)」について所要の改正を行います。
(注1)「交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会自動車燃費小委員会」及び「総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会自動車判断基準ワーキンググループ」合同会議

2.新しい燃費基準の概要

○目標年度 2025年度
○燃費基準

(注2)重量区分別の基準を2014年度販売実績を踏まえて加重調和平均して算出した値
○対象範囲 ディーゼル車

3.今後の予定

公布・施行 平成31年3月29日(金曜日)
(参考)「乗用自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成25年経済産業省・国土交通省告示第2号)」及び「貨物自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成27年経済産業省・国土交通省告示第1号)」は、それぞれ以下の経済産業省ホームページに掲載されています。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/enterprise/equipment/pdf/01_jidousha.pdf
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/enterprise/equipment/pdf/08_kamotsu.pdf
 

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
省エネルギー課長 吉田
担当者:井出、小野
電 話:03-3501-1511(内線 4541~6)
03-3501-9726(直通)