1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度10月一覧
  5. 第1回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を開催します

第1回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を開催します

2018年10月16日

経済産業省は、衛星データプラットフォームの利用促進の一環として、第1回衛星データ分析コンテスト「TellusSatelliteChallenge」の参加募集を、10月16日より開始します。皆様の応募をお待ちしております。

1.趣旨

経済産業省では、衛星データを活用したビジネス創出を促進する観点から、今年度、「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業」を実施し、ユーザにとって使いやすい衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発を進めております。本事業の一環として、衛星データ利用の促進を図るとともに、衛星データを分析・活用できる人材を育成・発掘する観点から、このたび、「第1回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を開催することを決定しました。

近年、宇宙由来のデータをビッグデータの一部として、様々なデータと組み合わせることにより、農業やインフラ管理、金融等の様々な分野における課題に対してソリューションを提供していくことが期待されています。

今回のコンテストでは、昨今自然災害が多発していることを踏まえ、防災分野における衛星データの活用促進、災害時の土砂崩れの迅速把握の観点から、「衛星データ(SAR※)を用いた土砂崩れ検知」をテーマといたします。具体的には、衛星画像データから土砂崩れの起こった領域を自動検出するというもので、優れた検出精度を備えたアルゴリズムについて、開発者を表彰するとともに、Tellusにて利用できる形で公開します。皆様からの積極的な応募をお待ちしております。

※SAR:電波を地表面に照射し、地表面から反射される電波を受信することで情報を得る合成開口レーダと呼ばれるセンサ。昼夜を問わず天候によらず観測できるのが特長です。

2.開催概要

テーマ:衛星データ(SAR)を用いた土砂崩れ検知
使用するデータ:平成28年の熊本地震前後における陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)搭載PALSAR-2による観測データ。PALSAR-2は、電波を地表面に照射し、地表面から反射される電波を受信することで情報を得る、合成開口レーダ(SAR)と呼ばれるセンサです。

参加費:無料
実施期間:平成30年10月16日(火曜日)~12月7日(金曜日)
懸賞:1位 賞金100万円
         2位 賞金60万円
         3位 賞金40万円
審査結果発表:平成30年12月中旬頃発表予定
実施団体(主催):経済産業省
            (協賛):さくらインターネット(株)
            (協力):国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
            (運営):(株)SIGNATE

応募方法・評価方法:本コンテストの詳細な申し込み及び評価の方法は、以下(株)SIGNATEのウェブサイトをご覧ください。なお、申し込みには(株)SIGNATEの会員登録が必要です。

担当

製造産業局 宇宙産業室長 浅井
担当者:國澤、丸岡、中西
電 話:03-3501-1511(内線 3844~6)
03-3501-0973(直通)
03-3501-7062(FAX)