福島復興の現状を伝える動画を作成しました

「ふくしま×できること 福島で働くとは?」、「アイドル meets FUKUSHIMA」

2018年10月16日

経済産業省は、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故による影響が特に大きかった福島県の相双地域(浜通り地域)を中心とした地域の復興の現状を伝えるために広報動画を制作し、経済産業省の福島産業復興支援Webページ等で公開しています。

本日(10月16日)、「ふくしま×できること 福島で働くとは?」と「アイドル meets FUKUSHIMA」の2本の動画を公開しました。

1.動画の目的・概要

「ふくしま×できること 福島で働くとは?」では、福島への企業の誘致や就労人口の増加のため、先駆者として、地元ブランドの立ち上げや事業を再開された事業者の方から「福島でできること」を伺います。

「アイドル meets FUKUSHIMA」では、原発事故による風評を払拭するため、地元出身のアイドルが、地元の方々の現在の生活環境や暮らしぶりをお伝えします。

2.動画の内容

<掲載先>

3.公表日

平成30年10月16日(火曜日)

担当

大臣官房 福島復興推進グループ
福島広報戦略・風評被害対応室長 松浦
担当者:戸田、石津、中野
電話:03-3501-1511(内線 2743)
03-3501-2883(直通)
03-3580-4988(FAX)