1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度10月一覧
  5. 2018年上期(1月~6月)工場立地動向調査結果(速報)を取りまとめました

2018年上期(1月~6月)工場立地動向調査結果(速報)を取りまとめました

2018年10月30日

【2018年11月1日発表資料差し替え】調査結果の概要2、3行目の「リーマンショック以降、過去2番目の大きさ」を「リーマンショック以降、最大」に修正しました。

経済産業省は、工場を建設する目的で2018年上期(1月~6月)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給業、電気業(以下「製造業等」という。)の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。
併せて、2017年工場立地動向調査の結果(確報)も取りまとめました。

調査結果の概要

◆2018年(1月~6月)における全国の製造業等の工場立地件数は527件(前年比0.4%増)、工場立地面積は635ha(前年比1.5%減)で、立地件数は微増し、リーマンショック以降、最大となる一方で、立地面積は前年同期に比べ減少となりました(別紙3ページ参照)。
※1ha=10,000㎡

工場立地件数の推移                                                                                  工場立地面積の推移


◆業種別の工場立地の動向は、金属製品、化学工業等が立地件数、立地面積ともに前年同期に比べ大幅に増加した一方、食料品は立地件数、立地面積ともに前年同期に比べ減少となりました(別紙9ページ参照)。

                 業種別の立地件数の比較                                                                                 業種別の立地面積の比較
               [2017年上期、2018年上期]                                                                       [2017年上期、2018年上期]

◆本社と同じ県内に立地する件数(県内立地件数)は、全立地件数の6~7割で推移。
立地地点の選定理由も、「本社・自社工場への近接性」を重視する企業は144件でトップとなっており、また、今回は「地価」を選定理由とする回答が2番目に多くなっています。(別紙14ページ参照)。

県内立地件数と立地件数に占める県内立地率


立地地点の選定理由
◆地域別では、立地件数、立地面積の多い自治体は次のとおりとなります(別紙18ページ参照)。

(参考)各経済産業局におけるプレス発表資料

関連資料

関連リンク

担当

地域経済産業グループ 地域企業高度化推進課長 小川
担当者:荒川、中川、川田
電 話:03-3501-1511(内線 2771~6)
03-3501-0645(直通)