1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2018年度11月一覧
  5. 世耕経済産業大臣がシンガポール共和国に出張しました

世耕経済産業大臣がシンガポール共和国に出張しました

2018年11月19日

世耕経済産業大臣は、11月11日(日曜日)から11月14日(水曜日)にかけて、シンガポール共和国に出張しました。
12日、RCEP閣僚会議に出席し、14日、RCEP首脳会議(日本から安倍総理が参加)に同席しました。また、この機会を捉え、シンガポールのチャン貿易産業大臣、インドのプラブー商工大臣、ニュージーランドのオコナー貿易・輸出振興副大臣兼農業大臣、インドネシアのエンガル商業大臣、オーストラリアのバーミンガム貿易観光投資大臣、タイのチュティマ商務副大臣と二国間会談を行い、RCEPや二国間経済関係等について議論を深めました。また、ロシアのオレシュキン大臣とも会談を行い、両国の経済関係の深化に向け議論を行いました。

1.RCEP閣僚会合・首脳会議(※14日付で既にプレスリリース済)

RCEP閣僚会合(12日)では、これまでの交渉の進捗を踏まえ、残された論点について閣僚間で集中的に議論するとともに、いかに首脳に成果を報告するかについて議論を行いました。
RCEP首脳会議(14日)外部リンクでは、共同首脳声明が発出され、2018年におけるRCEP交渉の実質的な進展を歓迎するとともに、現代的で、包括的な、質の高い、かつ互恵的なRCEPを2019年に妥結する決意が示されました。

2.二国間会談

シンガポールのチャン貿易産業大臣、インドのプラブー商工大臣、ニュージーランドのオコナー農業大臣 兼 貿易・輸出振興副大臣、インドネシアのエンガル商業大臣、オーストラリアのバーミンガム貿易観光投資大臣、タイのチュティマ商務副大臣と会談を行い、RCEPについて率直な意見交換を行うとともに、二国間経済関係やWTO改革等についても議論を行いました。
また、ロシアのオレシュキン経済発展大臣と会談を行い、翌日の日露首脳会談に向け、8項目の「協力プラン」の具体化について進捗を確認するとともに、引き続き、両国の経済関係の深化に向け協議を継続することで一致しました。

3.ASEANビジネス投資フォーラムでの講演

ASEANビジネス投資フォーラムでは、今後のASEANとの経済関係については、「協力(cooperation)」から、「協創(co-creation)」へのシフトが必要であり、その観点から、
(1)「コネクテッド・インダストリーズ」のASEANへの展開を通じた生産性の向上等の課題解決を後押ししていくこと、
(2)イノベーション促進の土台となるルールづくりに向けて、質の高いRCEPの早期妥結やTPP11の拡大に向けて、ASEAN各国と協力していくこと、
(3)米国や、中国、インドといった国々と連携しながら、インフラ開発やエネルギー等の分野でASEANの成長の質の向上に取り組むこと
を表明いたしました。

担当