三極貿易大臣共同声明が発表されました

2020年1月14日

梶山経済産業大臣は、1月14日(火曜日)、米国・ワシントンD.C.において、第7回三極貿易大臣会合に出席し、米国及びEU間において、三極貿易大臣共同声明に合意しました。

第7回三極貿易大臣会合

ライトハイザー米国通商代表、ホーガン欧州委員(貿易担当)と第7回三極貿易大臣会合を開催しました。

三極貿易大臣会合においては、産業補助金について既存のWTOルールを強化するための方策として、新たな禁止補助金の追加や通報制度の改善など具体的な内容に合意しました。今後、今回の合意内容をもとに、他のWTO加盟国との議論を進めていく予定です。

また、強制技術移転については、これまでの議論の進捗を確認した上で、強制技術移転に関する新たなルールメイキング、他のWTO加盟国への働きかけ、ルールの執行強化、の3つを進めていくことで合意しました。

加えて、市場志向条件の重要性を確認するとともに、WTO改革に関しては、通報制度改革、途上国地位、電子商取引について引き続き協力していくことを確認しました。

会合の最後には、今回の成果をまとめた共同声明に合意しました。

関連資料

担当

通商政策局通商機構部 上野、木村
担当:荒井、小松

電話:03-3501-1511(内線3501~3)
03-3501-5923(直通)
03-3501-5983(FAX)