1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度2月一覧
  5. 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会の報告書を公表します

多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会の報告書を公表します

2020年2月10日

2020年1月31日に開催された第17回多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会において、委員長一任とされていた報告書の取りまとめ案について、最終版を同小委員会の報告書として公表します。

本件概要

多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会は、東京電力福島第一原子力発電所における多核種除去設備等処理水(ALPS処理水)の取扱いについて、技術的観点に加え、風評被害などの社会的観点も含めた総合的な検討を目的とし、検討を行ってきたところですが、本日、同小委員会としての報告書を公表します。

今後、政府として、本委員会の報告書も踏まえ、地元をはじめとした幅広い関係者の意見を聞きながら、処分方法のみならず、併せて講ずるべき風評被害対策についても、検討していきます。

関連資料

関連リンク

担当

資源エネルギー庁原子力発電所事故収束対応室 廃炉・汚染水対策官 奥田
担当者:金子、渡邉

電話:03-3501-1511(内線 4441)
03-3580-3051(直通)
03-3580-0879(FAX)