特許庁は世界の環境技術の普及を推進します

2020年2月19日

本日、特許庁は、世界知的所有権機関が運営する、環境技術の活用を促進するためのプラットフォームである”WIPO GREEN”に、パートナーとして参加しました。今後、WIPOと協力して、世界の環境技術の普及に貢献していきます。

1.WIPO GREENの概要

世界知的所有権機関(WIPO)は、国際的な知的財産権制度を所管する国連の専門機関です。知的財産制度に関するルールの策定や、国際出願・登録制度の運営のほか、知的財産に関わる様々な問題を解決するための活動を行っています。

WIPO GREENは、2013年に、環境技術の普及を後押しすることを目的として立ち上げられました。その基本的な活動は、データベースやイベント等を通じて、環境技術の提供者と使用者とをマッチングさせ、環境技術の活用を促進させることです。3,600件以上の技術が登録されたデータベースは、1,400人以上のユーザーに利用されています。

2.特許庁の参加

2月19日(水曜日)、特許庁は、WIPO GREENにパートナーとして参加しました。

これまで、政府機関、業界団体、企業、大学など100を超えるパートナーが参加していますが、アジア太平洋地域の知財庁の参加は、今回が初めてです。

パートナーは、WIPO事務局とともにWIPO GREENを主導するWIPOグリーン諮問会議の一員です。WIPO GREENを支援し、助言を与える等の活動を行います。

今後もパートナーとして、WIPO GREENの活動への助言や、我が国の有する知見の共有などを通じて、環境技術の普及に貢献して参ります。

担当

特許庁国際政策課長 北村
担当者: 清水、江間

電話:03-3581-1011(内線2567)
03-3580-9827(直通)
03-3581-0762(FAX)