1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度2月一覧
  5. アフリカ経済の発展及び成長のため、知財の観点から支援を強化します

アフリカ経済の発展及び成長のため、知財の観点から支援を強化します

アフリカスタートアップ知財支援セミナー・個別商談会の結果

2020年2月21日

特許庁は、アフリカのスタートアップを知財の観点から支援するため、アフリカの政府機関及びスタートアップを招き、「アフリカスタートアップ知財支援セミナー・個別商談会」を世界知的所有権機関、日本貿易振興機構と共に開催しました。

1.背景

特許庁は、アフリカ経済の自立的な発展及び持続的な成長に寄与するため、知的財産権の保護強化及び執行強化の観点から、人材育成や情報化等を積極的に支援しています。

今般、アフリカのスタートアップを知財で支援するため、アフリカの政府機関*1及びスタートアップ*2を招き、2月18日(火曜日)から20日(木曜日)に、「アフリカスタートアップ知財支援セミナー・個別商談会」を世界知的所有権機関(WIPO)・日本貿易振興機構(ジェトロ)と共に開催しました。

2.アフリカスタートアップ知財支援セミナーの開催

特許庁は、2月18日(火曜日)から19日(水曜日)に、スタートアップにおける知財の重要性の認識共有や、スタートアップ及び中小企業支援施策立案への寄与を目的とし、「アフリカスタートアップ知財支援セミナー」を開催しました。

初日は、アフリカの政府機関及びスタートアップを対象とし、特許庁の施策紹介を行い、2日目は、アフリカの政府機関を対象とし、スタートアップ支援事例を含むスタートアップにおける知財活用ベストプラクティスを紹介しました。

3.個別商談会の開催

ジェトロは、2月19日(水曜日)から20日(木曜日)に、アフリカでの事業展開を目指す日本企業とアフリカのスタートアップとのマッチングを目的として、ビジネスセミナーと個別商談会を開催しました。

*1 政府機関招へい国・機関:
南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、エジプト、エチオピア、チュニジア、モロッコ、コートジボワールのスタートアップ支援機関、ARIPO(アフリカ広域知的財産機関)、OAPI(アフリカ知的財産機関)

*2 スタートアップ招へい国:
南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、エジプト、エチオピア、チュニジア、モロッコ、コートジボワール

担当

特許庁総務部国際協力課長 根本
担当者:滝澤、番井

電話:03-3581-1101(内線2566)
03-3503-4698(直通)
03-3581-0762(FAX)