1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度2月一覧
  5. 「2019年工業統計調査」の速報結果を取りまとめました

「2019年工業統計調査」の速報結果を取りまとめました

2020年2月28日

総務省及び経済産業省は令和元年6月1日現在で「2019年工業統計調査」を実施しました。令和元年6月1日現在の従業者数は776万3431人、平成30年製造品出荷額等(注1)は331兆3548億円となりました。(注2)

1.調査の対象

我が国の製造業(日本標準産業分類大分類-E(製造加工を行っていない本社等を除く))に属する従業者4人以上の事業所を対象に、従業者数や製造品出荷額等を調査しています。

2.調査結果の概要(従業者4人以上の事業所)

(1)全体的な状況

令和元年6月1日現在の事業所数(集計対象数)は18万4839事業所、従業者数は776万3431人となりました。

平成30年の製造品出荷額等は331兆3548億円、付加価値額(注3)は104兆1260億円となっています。

(2)産業別の状況

産業別にみると、事業所数は、金属製品製造業(2万5176事業所)が最も多く、次いで食料品製造業(2万4409事業所)となっています。構成比の前年からの変化は、金属製品製造業が0.1%ポイント増加、食料品製造業が横ばい。

従業者数は、食料品製造業(114万1450人)が最も多く、次いで輸送用機械器具製造業(109万1714人)となっています。構成比の前年からの変化は、食料品製造業が0.1%ポイント減少、輸送用機械器具製造業が横ばい。

製造品出荷額等は、輸送用機械器具製造業(70兆0157億円)が最も多く、次いで化学工業(29兆7802億円)となっています。構成比の前年からの変化は、輸送用機械器具製造業が0.3%ポイント減少、化学工業が横ばい。

付加価値額は、輸送用機械器具製造業(18兆3131億円)が最も多く、次いで化学工業(11兆5209億円)となっています。構成比の前年からの変化は、輸送用機械器具製造業が0.5%ポイント減少、化学工業が横ばい。

 

(注1)製造品出荷額等=製造品出荷額+製造工程から出たくず及び廃物の出荷額+加工賃収入額+その他収入額

(注2)この集計値は速報値であり、後日公表される確報集計結果とは異なる場合がある。

(注3)付加価値額=製造品出荷額等+(製造品年末在庫額-製造品年初在庫額)+(半製品及び仕掛品年末価額-半製品及び仕掛品年初価額)-(推計酒税、たばこ税、揮発油税及び地方揮発油税+推計消費税額)-原材料使用額等-減価償却額
※付加価値額には従業者4~29人の事業所の粗付加価値額を含む。

3.今後の確報公表予定

主要な調査項目を集計してとりまとめた産業別統計表(概要版)を令和2年5月までに、その後、産業別統計表、品目別統計表、地域別統計表を順次公表します。

4.ホームページのご案内

調査結果は、下記のホームページからダウンロードが可能です。

工業統計調査

担当

大臣官房調査統計グループ構造統計室長 荒川
担当者:馬場

電話:03-3501-1511(内線 2836)
03-3501-9945(直通)
03-3501-5836(FAX)