1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度3月一覧
  5. 多核種除去設備等処理水の取扱いに係る「関係者の御意見を伺う場」を開催します

多核種除去設備等処理水の取扱いに係る「関係者の御意見を伺う場」を開催します

2020年3月30日

東京電力福島第一原子力発電所の多核種除去設備(ALPS)等で浄化処理した水については、風評など社会的な影響も含めた総合的な検討を、平成28年11月よりALPS小委員会において行いました。本年2月の小委員会の報告を踏まえ、政府としてALPS処理水の取扱い方針を決定するため、地元自治体や農林水産業者を始めとした幅広い関係者の御意見を伺う場を開催します。

1.対象

ALPS小委員会の報告も踏まえ、自治体(福島県庁、福島県内の市町村、近隣自治体)や関係団体(福島県内外及び全国の農林水産業、商工業、流通業、観光業、消費者団体)等から御意見を伺います。

2.第1回の開催概要

※新型コロナウイルス対策のため、今後、開催要領に変更が生じる場合には、追ってお知らせします。

【日時】

令和2年4月6日(月曜日)13時20分~16時30分
(途中、14時35分~15時20分まで休憩)

【場所】

福島市内(ザ・セレクトン福島3階 「安達太良」)
所在地:福島県福島市太田町13-73
(一般傍聴はできませんが、インターネットによる生中継を行います)

【出席者】

福島県、福島県旅館ホテル生活衛生同業組合、福島県商工会議所連合会、福島県森林組合連合会、福島県漁業協同組合連合会、福島県町村会、相馬地方市町村会

(国側出席者) 

経済産業省、復興庁、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、環境省

3.意見の募集について

会場で御意見を伺うことに加え、4月上旬以降、広く書面での意見募集も行います。詳細については、別途、廃炉・汚染水対策ポータルサイトでお知らせします。

担当

廃炉・汚染水対策チーム事務局 奥田
担当者:川森、伊藤、北村

電話:03-3501-1511(内線4441)
03-3580-3051(直通)
03-3580-0879(FAX)