新国際資源戦略を策定しました

2020年3月30日

経済産業省は、資源・燃料政策を取り巻く環境の大きな変化を踏まえ、「新国際資源戦略」を策定しました。

1.概要

昨年7月に取りまとめられた資源・燃料分科会報告書において、資源・燃料政策を取り巻く環境が大きく変化する中で、エネルギー政策の要諦たる「3E+S」原則の下、新しい国際資源戦略を早期に策定する必要性が示されました。

その後、資源燃料分科会及び石油・天然ガス小委員会・鉱業小委員会 合同会合が開催され、本年2月に、資源燃料分科会からこの戦略の具体的方向についての提言がありました。

当該提言を踏まえて、新国際資源戦略(案)を作成し、令和2年3月12日から同年3月25日までの間、意見を募集した結果、16件の意見がありました。

今般、提出された意見及びそれに対する経済産業省の考え方、意見を反映した「新国際資源戦略」を策定しました。

2.意見募集の結果等

3.参考資料

関連リンク

担当

資源エネルギー庁 資源・燃料部 政策課長 和久田
担当者: 野草、堀江

電話:03-3501-1511(内線 4631~6)
03-3501-2773(直通)
03-3580-8449(FAX)