1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度3月一覧
  5. 迅速ウイルス検出機器GeneSoC(ジーンソック)を全国16カ所の医療機関に導入しました

迅速ウイルス検出機器GeneSoC(ジーンソック)を全国16カ所の医療機関に導入しました

2020年3月31日

経済産業省は、新型コロナウイルスの検出を迅速に行う検査機器を、全国16カ所(以下参照)の医療機関に配備しました。3月10日に決定された予備費を活用し、現場での実効性や操作性の確認を行い、実利用の加速化につなげてまいります。

1.背景

3月10日に取りまとめられた「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策―第2弾―」(新型コロナウイルス感染症対策本部、議長:内閣総理大臣)において、PCR検査の時間短縮を可能とする迅速ウイルス検出機器の検査精度等に関する実証を行い、本年3月中の利用開始を目指すこととされています。

2.迅速ウイルス検出機器GeneSoC(ジーンソック)について

国立研究開発法人産業技術総合研究所及び杏林製薬株式会社が共同開発したGeneSoCは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して、従来のPCRに近い検出感度を維持しつつ、迅速性が最大の利点であり、一人の患者を診断するに当たり、検体採取から結果判定まで、1時間以内(前処理30分弱+検査時間15分弱)で完了します。従来のPCRのように一度に大量の検体を検査することには向いていませんが、少量の検体を迅速に診断することが求められるような場面では、GeneSoCの能力が大いに活かされるものと期待されます。なお、GeneSoCは、3月18日より保険適用対象となり、行政検査等に用いる遺伝子検査方法として、厚生労働省から示されています。

3.迅速ウイルス検出機器導入実証事業について

経済産業省は、3月10日に閣議決定された予備費を活用して、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)に補助を行い、新型コロナウイルスの検査体制が整備されている16カ所の医療機関に対して、GeneSoCを配備しました。これらの医療現場において、GeneSoCの実効性や操作性の確認も合わせて行い、今後、実利用の加速化を期待しています。

なお、杏林製薬株式会社は、GeneSoCがより多くの医療機関等で活用されるよう、4月から増産する見込みです。

関連資料

担当

商務・サービスグループ 生物化学産業課長 田中
担当者: 大石、吉田

電話:03-3501-1511(内線 3741)
03-3501-8625(直通)
03-3501-0197(FAX)