中型自動運転バス実証実験事業を開始します

2019年4月19日

同時発表:国土交通省

経済産業省・国土交通省は、中型自動運転バス公道実証実験事業を2019年度から2020年度に実施することとしました。

自動車の自動運転については、交通事故の削減や高齢者の移動手段の確保等に資するものとして、早期の実用化が期待されており、政府としては、2020年までの限定地域での無人自動運転移動サービスの実現等の目標を掲げています。

経済産業省・国土交通省では、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)に委託して「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業:専用空間における自動走行などを活用した端末交通システムの社会実装に向けた実証」を実施しています。

上記委託事業の一環として、本年度から中型自動運転バス公道実証事業を実施することとしました。今年度、中型バスに自動運転機能を付加する改造を進めるとともに、本日より、委託先である産総研が、中型自動運転バスを運行する交通事業者の公募・選定や外注等の業務を担う自動運転バスコーディネーターの公募を開始します。また、本年夏頃には、交通事業者の公募(2事業者以上、2地域以上を予定)を開始し、2020年度から中型自動運転バス公道実証実験を開始する予定です。

本年度の交通事業者の選定に先立ち、これら公募・選定等の業務を行う自動運転バスコーディネーターの公募を、本日より開始します。

中型自動運転バスのコーディネーターに関する公募資料は産総研ホームページを御確認下さい。

(参考1)産業技術総合研究所公募ホームページ外部リンク
(参考2)中型自動運転バスの実証評価PDFファイル

担当

製造産業局 ITS・自動走行推進室 垣見(かきみ)
担当者:丸山、出沼、中野、泉
電話:03-3501-1511(内線(内線3839~3840)
03-3501-1618(直通)
03-3501-6691(FAX)