1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度5月一覧
  5. 未踏IT人材発掘・育成事業スーパークリエータを認定しました!

未踏IT人材発掘・育成事業スーパークリエータを認定しました!

これまでにない付加価値を生み出す突出した若手IT人材を認定します

2019年5月24日

経済産業省では、ITの技術革新により経済社会に新たな付加価値を創出するため、突出したITの能力を持つ人材の発掘・育成を推進しており、その一環として、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)を通じて、未踏事業(未踏IT人材発掘・育成事業)に取り組んでいます。同事業では、事業修了者のうち、特に卓越した能力をもった者を「スーパークリエータ」として認定しており、今年も16名を認定しました。

1.概要

「突出したIT人材」を発掘・育成する事業として2000年度から未踏事業(未踏IT人材発掘・育成事業)を実施し、2017年度までに約1,700名のクリエータを輩出してまいりました。また、その中でも、特に卓越した能力を持つと認められた人材を「スーパークリエータ」と認め、311名を認定しています。

今般、2018年度に採択した27名のクリエータの中から、16名のスーパークリエータを認定しました。

2.認定スーパークリエータ

2018年度のスーパークリエータは、今まで高度な技術や膨大な作業時間が必要だった作業を、専門知識を持たないユーザーでも短時間でできるようにするソフトウェアの開発など、ICTの発展の加速を感じさせるような、独創的な発想に満ちあふれた成果を挙げた16名が選ばれました。(年齢、所属とも2019年5月24日現在)

IPA外部リンク

各クリエータのプロジェクト詳細・評価については、後日IPAのWEBサイトに掲載予定です。
未踏事業ポータルページ外部リンク

(参考)未踏事業について

担当

商務情報政策局 情報技術利用促進課長 中野
担当者:立石、竹之内、鈴木
電 話:03-3501-1511(内線 3971~6)
03-3501-2646(直通)
03-3580-6073(FAX)