1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度6月一覧
  5. 乗用自動車の新たな燃費基準値等が提示されました

乗用自動車の新たな燃費基準値等が提示されました

2019年6月3日

同時発表:国土交通省

本日、乗用自動車の燃費基準に関する審議会(注1)が開催され、新たな基準値等が提示されました。

新たな基準値は2030年度を目標年度とし、2016年度実績と比較して、32.4%の燃費改善となります。

経済産業省及び国土交通省が共同で設置した審議会において、2018年3月より「エネルギーの使用の合理化等に関する法律(昭和54年法律第49号)(省エネ法」に基づく新たな燃費基準について審議してきましたが、本日の会合において新たな目標年度や基準値等が提示されました。

今後、一週間程度を目途に取りまとめられる審議会の報告書を踏まえ、経済産業省及び国土交通省において、必要な法令改正等を行います。

1.新たな燃費基準の概要

2.今後のスケジュール

審議会の取りまとめを踏まえ、今年度中を目途に、経済産業省及び国土交通省において必要な法令改正等を行う。

3.会議資料

会議資料はこちら

(注1)「総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分科会省エネルギー小委員会自動車判断基準ワーキンググループ」及び「交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会自動車燃費基準小委員会」合同会議

(注2)2016年度の販売実績を踏まえて基準値を加重調和平均した値

(注3)「井戸から車輪まで」の意味。タンクに入っているガソリン等の消費だけではなくガソリン等が車両に供給される前の製造過程における消費も含めて評価すること

担当