1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度6月一覧
  5. 「カーボンリサイクル技術ロードマップ」を策定しました

「カーボンリサイクル技術ロードマップ」を策定しました

2019年6月7日

CO2を燃料や原料として利用するカーボンリサイクルについて、技術ロードマップを策定しました。本ロードマップでは、CO2を利用可能なエネルギー・製品毎にコスト低減に向けた課題と目標を明確化しています。これを国内外の産学官の関係者の間での技術開発のマイルストーンとして広く共有することにより、本分野でのイノベーションを加速化します。

1.背景・目的

エネルギーアクセス改善と気候変動問題の二つの課題を同時解決するためには、あらゆる技術的な選択肢を追求しつつ、化石燃料から排出されるCO2の問題に正面から取り組む必要があります。

その中でも、CO2を資源として捉え、これを分離・回収し、多様な炭素化合物として再利用するカーボンリサイクルに係る技術は、将来有望な選択肢の一つであり、そのイノベーションを加速化していくことが重要です。

本ロードマップは、カーボンリサイクル技術について、目標、技術課題、タイムフレーム(フェーズ毎の目指すべき方向性)を設定し、広く国内外の政府・ 民間企業・投資家・研究者など関係者に共有することによりイノベーションを加速化する目的で、各技術分野における学識経験者・技術者を中心に、内閣府、文部科学省、環境省の協力を得て策定しました。

2.ポイント

カーボンリサイクル技術のイノベーションを加速するため、①CO2を資源として利用可能な物資毎に、技術の現状、コスト低減に向けた課題を明確化、技術進展のステップを記載し、②既存製品と同等のコストを目指し、2030年・2050年のコスト目標を設定しています。

関連資料

担当

資源エネルギー庁 資源・燃料部 カーボンリサイクル室長 南
担当者 :大江、川村、沼沢
電話:03-3501-1511(内線 4681)
03-3501-1727(直通)
03-3501-8564(FAX)